デイリーランキング

Oculus Quest、次期アップデートで試験的なパススルーAPIを導入へ

業界動向

2021/07/23 19:30

裸眼立体視ディスプレイLooking Glass、8Kと4Kモデル含む3機種が日本向け特別価格で予約開始

業界動向

2021/07/23 20:00

ある大学が多額の寄付金を使って学生用のVR施設を作ったことを明かす

活用事例

2021/07/22 20:00

Nianticが3Dマップの新たな生成技術を発表、LiDAR等を使わずスマホカメラのみで利用可能

テック

2021/07/21 18:30

エピックゲームズ、3Dコンテンツ共有プラットフォームSketchfabを買収

業界動向

2021/07/22 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

SteamVRがVRの標準仕様「OpenXR」に正式対応 対応プラットフォームが増加中

2021年2月25日、ValveのVRプラットフォーム「SteamVR」がVRの標準仕様として取り組みが進む「OpenXR 1.0」に正式対応しました。

今回のアップデートにより、「SteamVR」はWindows搭載のPCでOpenXR1.0(Vulkan、OpenGL、D3D11、3D12)に対応しました。「OpenXR」は、様々なVR/ARプラットフォームでのデバイス・アプリ間の仕様を標準化するための取り組みです。FacebookやMicrosoft、HTC、Varjoなどの主要なVR/ARハードウェア関連企業が参加し、Steamの他、Oculusなども試験的に対応しています。

今回アップデートされた「SteamVR 1.16」の内容は以下の通りです。

OpenXR:SteamVRは、Windowsにおける、Vulkan、OpenGL、D3D11、およびD3D12のすべてのOpenXR1.0に準拠しています。

SteamVR:自動スロットルと予測動作をオーバーライドするために、アプリごとの設定を追加。 これは、全体的にスムーズなエクスペリエンスを得る上で低い固定フレームレートの恩恵を受ける、特にパフォーマンスが低いアプリケーションで役立ちます。(例:シミュレーション)。 注:これらの設定は、SteamVRのコンポジター(例:Index、Vive)を使用するヘッドセットでのみ利用できます。
モーションスムージングで最大6フレームの外挿が可能(以前は3フレーム)。 注:これもSteamVRのコンポジターのみに適用されます。
SteamなしでSteamVRを実行している時に、更新をチェックするHTTPリクエストを無効化。
デスクトップゲームシアターの2DモードからネイティブVRモードへの切り替え時に、アプリが突然終了する問題を修正。

SteamVRホーム:稀に発生するいくつかのパフォーマンスの問題を修正するために、利用可能なGPUメモリに基づきGPUメモリの割り当てを制限。

OpenGL:NTハンドルやテクスチャ配列を使用してDirectモードドライバーに対して実行されているOpenGLアプリを修正。

(参考)Steam


“音声のAR”プラットフォーム開発のGATARIが資金調達 秋葉原にスタジオ開設

2021/02/25 18:15 投資

Oculus Questがアップデート、ホーム画面でソファーを設置可能に

2021/02/25 18:15 Oculus Quest 最新情報