デイリーランキング

メディア工房、実写立体動画の撮影システムを発表 点群を使い動きを再現

テック

2019/07/19 11:00

VR内で設計・デザインできる「The Wild」Oculus Quest版がリリース、マルチユーザーにも対応

活用事例

2019/07/19 12:00

未来の乗り物をVRで体験 イーロン・マスクの次世代交通システム「ハイパーループ」

シミュレーション・接客

2019/07/19 11:45

マイクロソフトの「Remix 3D」終了へ

業界動向

2019/07/19 12:30

Unity公式カンファ「Unite Tokyo 2019」講演情報が一部公開、医療×VR活用事例やVRアニメ制作ツールなど

セミナー・カンファレンス

2019/07/18 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

超広視野角VRヘッドセット「StarVR One」開発者向け国内販売開始、12月

株式会社エルザジャパンは、水平視野角210度を誇るVRヘッドセット「StarVR」の新型モデル「StarVR One」の開発者向け販売を2018年12月初旬に開始します。日本国内における想定販売価格は445,000円(税抜)です。

「StarVR One」は、水平視野角210度という非常に広い視野角が特長のVRヘッドセットです。リフレッシュレートは90Hz、ディスプレイは各ピクセルにRGBのサブピクセルをもつ独自構造のAMOLED有機ELを採用。総サブピクセル数は1600万です。

「StarVR One」には、視線追跡技術を開発しているTobii社のアイトラッキングシステムが搭載されています。アイトラッキングでは、視線追跡を使用して視ている箇所の解像度を上げて描画能力を高める「ダイナミックフォービエイテッドレンダリング」技術が利用されています。個人差のある瞳孔間距離(IPD)調整を自動で行います。

「StarVR One」体験レポートはこちらです。

思わず息を飲む広い視野、VRデバイス「StarVR One」体験レポ

思わず息を飲む広い視野、VRデバイス「StarVR One」体験レポ

MoguraVR

購入には所定の手続きが必要

今回販売される「StarVR One」の開発者版は、StarVR社のWEBサイトから所定の手続きを行い、「StarVR One開発者プログラム」への申請を行うことが前提となります。本プログラムの選考者には、SDKの提供と共にサポートフォーラムおよび専用StarVRコミュニティへのアクセス権が付与されるとのことです(詳細は要問い合せ)。

なお、2018年12月5日より東京国際フォーラムにて開催される「SIGGRAPH ASIA 2018」のエルザジャパンブースにて、「StarVR One」の実機デモ展示が予定されています。

製品概要

モデル

StarVR One for Developers

視野角

水平210度×垂直130度

トラッキング

SteamVR Lighthouse

アイトラッキング

Tobii VR Eye Trucker内蔵

IPD

自動調整機能搭載

NVIDIA Virtuallink

対応

重量

450g

リフレッシュレート

90Hz

搭載センサー

加速度センサー、ジャイロセンサー

PC推奨スペック

OS:Windows 10 x64 April 2018 Update(version 1803以降)
CPU:Intel Core i7-7700以上
メモリ:16GB RAM以上
GPU:NVIDIA Quadro P6000/GV100、NVIDIA GeForce GTX 1080Ti以上
接続端子:USB2.0×2

接続端子

・DisplayPort×2
・USB2.0×2

付属品

・5m USB Type-C 延長ケーブル2個
・ケーブルアダプターBOX(DisplayPort×2 , USB2.0×2 )

(参考)StarVR One for Developers製品ページ

2018年11月21日9:30 国内想定価格を追記しました。





【PSVR】「ボーダーランズ2 VR」発売は12月14日

2018/11/20 19:44 PlayStation VR(PSVR)

ゾロゾロ歩く小さな兵隊を誘導 レミングスライクなVRパズル「Tin Hearts」

2018/11/20 19:44 ゲーム・アプリ