デイリーランキング

Oculus創業者パルマー・ラッキー、Riftの無償リペアキット公開

Oculus Rift

2019/02/20 11:31

“人の眼”レベルのVRを目指すVarjo、VRヘッドセットVR-1発売 価格は6,000ドル

業界動向

2019/02/20 09:20

グーグルがARCoreをアップデート、ARの制作手法を学べるガイドアプリも登場

ARCore

2019/02/19 11:30

話題の裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」日本上陸へ

開発

2019/02/18 20:33

Oculus創設メンバーが語る「2019年のVRが楽しみな理由」、HoloLens 2の予告動画が公開か – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/02/18 08:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

視野角210度のStarVR新製品発表か?公式サイトに画像掲載

台湾のPCメーカーAcerとスウェーデン企業StarbreezeのジョイントベンチャーであるStarVR Corporationは、公式ウェブサイトにて新しいVRヘッドセットを予感させるティザービジュアルを公開しています。

視野角210度のハイスペックデバイス

StarVR CorporationのVRヘッドセット「StarVR」は、210度という非常に広い視野角に加え、両目合わせて5Kの解像度を誇ります。2018年8月現在日本での一般消費者向けの販売は行われておらず、VR体験施設でのみ利用できます。

公式ウェブサイトのティザービジュアルにはデバイスのシルエットと共に、“We made something for you”という言葉が記載されています。そして2018年8月14日の日付とバンクーバーで開催されるコンピューターグラフィックスの学会、SIGGRAPHの表記もあります。

アップデートでなく新製品か?

今回発表されるのが全く新しい製品なのか、或いは現行製品のアップデートなのかは不明です。しかしシルエットを見る限りでは、これまでの製品とは別物のようです。現行のソフトストラップも、調節のつまみが付いた、よりしっかりしたものに変わっているように見えます。

昨年4月に米メディアRoad to VRが取材を行った際、StarVRは現行62Hzのリフレッシュレートの改善に取り組んでいるとしていました。これによって遅延を減らし、よりスムーズな映像を実現するということです。

またトラッキングについても、当時利用していたPhaseSpaceに加えて様々な方式を検討中だと言及。今月発表されるデバイスでは、新たなトラッキング方式の採用も期待されます。

現行のStarVRは、国内では新宿の「SEGA VR AREA SHINJUKU」で体験することができます。

【体験レポ】5K広視野角の「StarVR」採用 セガが新宿に施設をオープン

【体験レポ】5K広視野角の「StarVR」採用 セガが新宿に施設をオープン

MoguraVR

SEGA VR AREA SHINJUKU

SEGA VR AREA SHINJUKU

Taiken.tv

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

フェイスブック「メッセンジャー」で顔認識ゲーム 最大6人対応

2018/08/10 12:00 AR/MR

VRで“二人羽織”、遠隔作業支援ロボット 東大・慶応大開発

2018/08/10 12:00 開発