デイリーランキング

PSVRで人気のコンテンツ教えます SIEが明かしたプレイ動向【CEDEC2019】

開発

2019/09/15 19:00

超高精細で小型化を追求したVRヘッドセット、2021年製品化目指す

テック

2019/09/16 11:30 New

VRヘッドセット「VIVE Cosmos」10月11日発売 国内価格は税別約9万円

VIVE

2019/09/13 11:41

iPhone11シリーズに搭載予定 隠されし新パーツに注目

AR/MR

2019/09/13 12:36

Oculus創業者、2社目のチャレンジ 企業価値が10億ドル突破

業界動向

2019/09/13 18:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

視野角210度のStarVR新製品発表か?公式サイトに画像掲載

台湾のPCメーカーAcerとスウェーデン企業StarbreezeのジョイントベンチャーであるStarVR Corporationは、公式ウェブサイトにて新しいVRヘッドセットを予感させるティザービジュアルを公開しています。

視野角210度のハイスペックデバイス

StarVR CorporationのVRヘッドセット「StarVR」は、210度という非常に広い視野角に加え、両目合わせて5Kの解像度を誇ります。2018年8月現在日本での一般消費者向けの販売は行われておらず、VR体験施設でのみ利用できます。

公式ウェブサイトのティザービジュアルにはデバイスのシルエットと共に、“We made something for you”という言葉が記載されています。そして2018年8月14日の日付とバンクーバーで開催されるコンピューターグラフィックスの学会、SIGGRAPHの表記もあります。

アップデートでなく新製品か?

今回発表されるのが全く新しい製品なのか、或いは現行製品のアップデートなのかは不明です。しかしシルエットを見る限りでは、これまでの製品とは別物のようです。現行のソフトストラップも、調節のつまみが付いた、よりしっかりしたものに変わっているように見えます。

昨年4月に米メディアRoad to VRが取材を行った際、StarVRは現行62Hzのリフレッシュレートの改善に取り組んでいるとしていました。これによって遅延を減らし、よりスムーズな映像を実現するということです。

またトラッキングについても、当時利用していたPhaseSpaceに加えて様々な方式を検討中だと言及。今月発表されるデバイスでは、新たなトラッキング方式の採用も期待されます。

現行のStarVRは、国内では新宿の「SEGA VR AREA SHINJUKU」で体験することができます。

【体験レポ】5K広視野角の「StarVR」採用 セガが新宿に施設をオープン

【体験レポ】5K広視野角の「StarVR」採用 セガが新宿に施設をオープン

MoguraVR

SEGA VR AREA SHINJUKU

SEGA VR AREA SHINJUKU

Taiken.tv

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。



フェイスブック「メッセンジャー」で顔認識ゲーム 最大6人対応

2018/08/10 12:00 AR/MR

VRで“二人羽織”、遠隔作業支援ロボット 東大・慶応大開発

2018/08/10 12:00 開発

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集