デイリーランキング

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.21

メタバース

2022/01/14 14:55

VR/ARでの利用も視野、「電子コンタクトレンズ」を開発するInWith

テック

2022/01/11 11:00

XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」、1月19日にオンライン開催

セミナー

2022/01/13 17:00

不動産内見の最新スタイル! 東急不動産とハシラスが実現した「VRモデルルーム」

活用事例

2022/01/14 17:00 Sponsored

VRモデリングツール「Microsoft Maquette」が開発中止へ

業界動向

2022/01/11 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

フェイスブックのARツール「Spark AR」ビデオ通話中のエフェクト共有も可能に

フェイスブックは6月3日、年次開発者会議「F8」にてARエフェクトツール「Spark AR」の新APIを発表しました。ビデオ通話中に、利用者間で連動するARエフェクトを施せるもの。離れた場所にいても、同じ体験を共有する感覚を強めるとしています

まずはMessengerに対応

新しく発表されたマルチピアAPIを使うことで、クリエイターは、複数の通話参加者間で連動するARエフェクトを作成できます。これはSpark ARとして初めての機能で、発表時点ではフェイスブックのコミュニケーションアプリ「Messenger」に対応しています。

マルチピアAPIにより、以下のようなエフェクト・利用シーンが実現します。なお開発者向けブログでは、それぞれが動画で紹介されています。

コンテクストの共有

ビデオ通話では相手の思いを捉えづらく、沈黙が訪れると「何か言わなければ」と感じてしまうこともあります。そこに、例えば一緒に焚火を囲んでいるARエフェクトがあれば、同じ場所を共有している感覚が強まり、よりリラックスして会話を楽しめます。

瞬間の共有

誰かと共有したい時間の一つに、”お祝い”のシーンがあります。通話者全員の画面に紙吹雪が舞ったり、同じオブジェクトや音楽を共有できれば、離れていても共に祝う気持ちが高まります。

マルチプレイゲーム

マルチピアAPIを使えば、簡単なマルチプレイのARゲーム作成も可能です。通話者同士でオブジェクトを受け渡したり、同じゴールに向かってプレイを楽しむことができます。

ベータ版の申込受付中

API利用を希望する開発者は、こちらのページからベータ版のプログラムに応募できます。利用には、Spark AR Studioの経験とJavaScriptの知識が必要です。

またフェイスブックによれば、近くMessengerに加えInstagramとPortal(フェイスブックのビデオ通話デバイス)にも対応するということです。

(参考)FACEBOOK for DevelopersSpark AR


【注目の記事】
・XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」がオンラインで無料開催、1月19日
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

にじさんじの駅広告が大阪に登場、VRアイドルえのぐ 10日間のライブ開催【VTuberデイリーニュース 6/2号】

2021/06/03 12:00 VTuber 最新ニュース一覧

情報公開されたコマンドシステムのVRゲームがレトロRPGっぽい雰囲気

2021/06/03 12:00 ゲーム・アプリ
VR/AR/MR 用語集