デイリーランキング

 VRゲーム開発者の大多数は「Oculus Quest」系プラットフォームに取り組んでいる

統計・データ

2021/05/03 19:31

フェイスブック社員はOculus Quest 2を“経費で落とせる”ように?

業界動向

2021/05/03 17:00

HTCが5月に新VRデバイスを公開、日本MSが国交省にMR遠隔支援を提供 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/05/03 08:00

巨大なAR/VRコンテンツは生まれるか?ゲームプロデューサーと語るXRへの期待

業界動向

2021/05/05 13:00

ARグラスで何ができる?KDDIがメガネ型デバイスNrealLightに入れ込むワケ

セミナー

2021/05/05 12:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Snapが3Dマッピング企業を買収、位置情報をARや広告に活用

スマートフォン向けアプリ「Snapchat(スナップチャット)」を手がけるSnap Inc.は、3Dマッピング技術を開発するPixel8earthを買収しました。ユーザーの位置情報に基づくARや広告など、より個々人向けの3Dマップの開発を進めます。

”パーソナライズされた”地図の強化

Pixel8earthは米国コロラド州を拠点とし、クラウドベースの3Dマッピング技術を手掛けています。同社のプラットフォームに参加するユーザーは、360度カメラや通常のカメラを使って好きな地点を撮影し、投稿。Pixel8earthはこの情報を元にデータベースを作成し、世界の3Dマッピングを行っていきます。

買収の狙いは、Snapの手掛ける”パーソナライズされた”地図の強化にあると見られています。同社は2020年6月、ユーザーの位置情報に基づき、周囲の世界にARエフェクトを出現させる「Local Lenses(ローカル・レンズ)」を発表しました。

「Snap Map」への応用も

またSnapはユーザー作成の地図機能「Snap Map」を提供しています。これは、Snapchatユーザーが、特定の場所の写真を公開、互いに閲覧したり、自身の位置情報を友人と共有したりできる機能です。2月に行われた投資家向け報告では、月間で2.5億人以上のユーザーが利用していると発表しています。

2020年は外出規制の影響で低迷したものの、CEOのEvan Spiegel氏は、先行きは明るいと述べています。そして今後はSnap Mapによるマネタイズとして、位置情報に応じた広告を出すといった利用を試行中です。
こうした位置情報ベースのサービス強化に、Pixel8earthの技術を活用することが、Snap社の考えと見られます。

買収総額は760万ドル(約8.2億円)。Pixel8earthの4名のメンバーは、Snapに参画してマップ関連の開発に従事するということです。

(参考)TechCrunchPixel8earth


【注目の記事】
・ノーコードでARアプリを作ってみた 最新ツールで現地に行かずに手軽に制作  

【注目の記事】
・ノーコードでARアプリを作ってみた 最新ツールで現地に行かずに手軽に制作  

HTCがデバイス修理のiFixitと提携、北米向けにVIVE Proなどの交換パーツが購入可能に

2021/04/28 19:06 HTC VIVE シリーズ 最新情報

VR空間で3Dアニメが作れる「AniCast Maker」 素人でも使いこなせるのか?

2021/04/28 19:06 ゲーム・アプリ