デイリーランキング

中国発の“折り畳めるARグラス” 2020年発売へ

テック

2020/01/20 11:30

米Mojo、スマートコンタクトレンズを開発中 「目に見えないコンピューティング」目指す

テック

2020/01/18 11:30

HoloLens 2、一部のデバイスで表示に問題か。マイクロソフトは「対応中」

業界動向

2020/01/19 11:30

渋谷PARCOのVR/AR展示、1ヶ月で25,000人を動員

業界動向

2020/01/17 19:30

「ARグラスのブレークスルーは2020年代」ザッカーバーグ語る、介護向けVRスタートアップの資金調達先に注目  ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/01/20 10:04

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

中国ShunWang社、ネットカフェのVRゾーン充実に向けてテストを実施。開発者支援の計画も

ShunWang

中国のShunWang Technology社(以下ShunWang)は、中国のネットカフェに、より充実した”VRゾーン”を導入するべく、欧米のVRゲーム開発者に対して多岐に渡るサポートを提示していく方針です。

ShunWangは、中国最大手のインターネットカフェソフトウェアプロバイダー。昨年2015年の12月には、HTCとパートナーシップを結んでおり、ShunWangと提携しているネットカフェには、順次HTC Viveで遊べるスペースが設けられる予定です。同社の提供するソフトウェアは、いわく、10万を超える中国のネットカフェ(全体の約70%)で使われており、ユーザー数は1億人を超えているとのこと。

VRゾーンを開設するにあたって、彼らはコンテンツを充実させる必要性を感じています。

ShunWangのVR戦略チームを率いているSky Liuによると、彼らは、欧米のクオリティの高いコンテンツを中国のVRゾーンへ導入するために、外国の開発者に対して様々な支援を提示していくとのことです。

支援のうちの一つは資金。中国にコンテンツを輸出しようとする欧米のゲームスタジオに対して、15万から150万ドルの投資をしていく予定です。またそれ以外にも、国外開発者がやらねばならないコンテンツのローカライズ、ライセンス許可、ゲームテスト、そして中国市場に合わせたマネタイズなど、全面的に協力していく意志を示しています。

なお、開発者の報酬は、そのソフトが遊ばれた時間に応じて決められるようです。興味のある企業は[email protected]でメールを待っているとのこと。

また、ShunWangは既にいくつかのカフェで、VRゾーンのテスト運営を実施しており、122名のユーザーからのフィードバックを集めています。

〇プレイヤーが求めるゲームの特徴
1位 パズルを解くゲーム、脱出ゲーム
2位 RPG、ヒーローや有名なキャラクターになれるもの
3位 FPS

〇快適さにおける問題点
ケーブルの存在 - 55.6%
ヘッドマウントディスプレイの着け心地 - 41.7%
体が見えないので、動いた時、周りに衝突しないか心配 - 27.6%

〇自分がプレイしている様子を見られることについて
気になる - 9.7%
気にしない - 77.4%
できれば見られない方が良い - 12.9%

〇友人に勧めたいかどうか(10点中)
10点 – 63.9%
9点 – 12.9%
8点 – 9.7%

2016年3月には、ShunWang社がある北京、上海、広州、杭州にて、最初のVRゾーンが開設されます。70台のPCがある平均的なカフェでは、概ね2つのHTC Viveプレイスペースが設けられる予定です。

(関連記事)
HTC、中国最大手のネットカフェと提携。ネットカフェへのHTC Vive導入を発表

(参考)
A Company Serving 100 Million Gamers Wants to Help Bring Your VR Game to China – Road to VR
http://www.roadtovr.com/shunwang-virtual-reality-vr-game-to-china-market/


VRクリエイティブアワード 2016が応募作品を募集中。締切は4月30日まで

2016/03/07 08:30 イベント情報

日本国内のVRニュース、イベント情報ピックアップ #6

2016/03/07 08:30 イベント情報
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集