デイリーランキング

【ポケモンGO】無料でモンスターボール50個をゲットできるプロモコードが配布開始

ポケモンGO

2020/05/25 15:46

【ポケモンGO】マクドナルド、スーパーボールなどが手に入るプレゼントキャンペーンを実施中

ポケモンGO

2020/05/25 17:48

VTuberモデルを無償提供、ゲーム実況者がオーディション実施

VTuberオーディション

2020/05/26 14:59

【ドラクエウォーク】「パラディン」の紹介クエスト実装 7月16日まで

ドラクエウォーク

2020/05/26 18:04

VR内に入り込む映像が作れちゃう。Oculusがチュートリアルを公開

Oculus Quest

2020/05/26 12:01

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

HTC、中国最大手のネットカフェと提携、HTC Vive導入を発表

「HTC Vive」は、ValveとHTCが共同で開発を進めているVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)です。4m×3mという広範囲のトラッキングシステム「Lighthouse」を備えていることが特徴的です。製品版の予約は、2016年2月から開始し、出荷は4月を予定しています。

12月18日に北京で行われたイベントでHTCは、中国のインターネットカフェにHTC Viveをプレイできる環境を導入するために、ShunWang Technology社とパートナーシップを結ぶことを明らかにしました。ネットカフェに設けた特別な部屋で10分2~5ドル(約240~600円)で体験できるようになるというもの。

image201512261620461

ShunWang Technology社(中国名:顺网科技、以下ShunWang)は中国杭州市の株式会社で、中国で最も有名なインターネットカフェのソフトウェアプロバイダーのひとつです。
同社のソフトウェアは、10万を超える中国のネットカフェ(全体の約70%)で使われており、同社によればユーザー数は1億人を超えているといます。
この10万超のネットカフェの内の何店舗でViveのためのスペースが導入できるのかは未知数ですが、この市場規模は注目に値するでしょう。

ShunWangの社長Hue Yongは今回の件について、「持続可能なVRゲーム開発には、ネットカフェをプラットフォームとして支えられているハードコアなゲームが必要だ。ShunWangは、既に築き上げてきたネットワークと事業力で、最高のVR体験を1億以上いるネットカフェゲーマー達へ届けることに貢献するだろう。」などとコメントしています。

なおHTCの発表によると、ShunWangは、中国のネットカフェにHTC Viveを導入するための唯一のパートナーとなるようです。HTCがネットカフェ向けにViveのランチャーメニューを開発し、ShunWangが課金・コンテンツマネジメント・Viveプレイスペースの運営を担当することになるでしょう。

体験するスペースや、ケーブルの問題など、家で使用するには課題も多いVRヘッドマウントディスプレイ。ネットカフェでの導入は普及のための一つの方策ですね。

(参考)
HTC Partnership Aims to Bring Vive to “hundreds of millions” of Internet Café Users
http://www.roadtovr.com/htc-partnership-aims-to-bring-vive-to-hundreds-of-millions-of-internet-cafe-users/

※アメリカのVR専門メディアRoad to VRはMogura VRとのパートナーシップを結んでいます。



【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


複数人が同時にVRコンテンツを視聴できるシステム「ラーニング Gear」登場

2015/12/27 11:30 VR動画

リアルの創り方『現実創造』-フィクションの中のVR【第6回】

2015/12/27 11:30 業界動向
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
VR/AR/MR 用語集