デイリーランキング

世界最大の32インチ3D裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass 8K」発表、DCEXPOで初公開

業界動向

2019/11/13 01:00

【体験レポ・解説】QuestとPCを繋ぐ「Oculus Link」驚くほど違和感なし

Oculus Quest

2019/09/30 11:30

フィンランドのソーシャルVR企業が約4.2億円調達、研修や教育にも

投資

2019/11/15 19:30

Oculus CTOカーマック氏、同社の顧問職へ。一線退くことを明言

業界動向

2019/11/15 12:00

続々登場「AR/MRグラス・スマートグラス」まとめ(2019年10月版)

AR/MR

2019/10/27 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

下関市がVRコンテンツを開発中、インバウンド需要狙う

山口県下関市は、VRを活用した「下関歴史VR探索マップ」を開発中です。主に訪日旅行者を対象とし、下関市の観光地や歴史的コンテンツをVRで提供、市内周遊や消費増加を狙います。

VRで“巌流島の決闘”再現や観光地タイムトラベル

「下関歴史VR探索マップ」は、VRで宮本武蔵と佐々木小次郎が戦った「巌流島での決闘」の再現や、過去の観光地をタイムトラベルできるといった内容が盛り込まれています。プロジェクトの事業主体はアルティテュード株式会社が担当。関係構成団体として、下関市、しものせき観光キャンペーン実行委員会が参加しています。

さらに本プロジェクトは下関観光コンベンション協会、およびVRコンテンツ制作を手掛ける米スタートアップのタイムルーパー社が共同連携。観光庁による「最先端観光コンテンツ インキュベーター事業におけるモデル事業」にも採択されています。

2019年9月現在、本プロジェクトは11月から行われる実証実験に向けて開発を進めています。

(参考)下関市 公式Webサイト



【Sponsored Post】
・ストリートとテクノロジーが出会うとき、何が起こるのか? 表現の最前線を行く「JIKKEN」を見よ
・藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト
・目の前に広がる「ポケモンGO」や「Ingress」の世界 話題を集めた体験の舞台裏

アメリカの有名バイオリニストもVRライブ公演、YouTubeでも反響

2019/09/10 11:30 音楽・ライブ

アメリカの図書館で“AR宝探し”? ユニークな試みの理由

2019/09/10 11:30 AR/MR

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集