デイリーランキング

VRで労災体験、凸版印刷が製造業向けに提供

トレーニング・研修

2019/11/18 19:01

まずは“他人に見られないスマホ”? レノボがARデバイスの試作品発表

業界動向

2019/11/18 11:30

マイクロソフト「HoloLens 2」日本出荷開始、アップルのARグラスは2023年発売か? ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/11/18 08:00

【体験レポ・解説】QuestとPCを繋ぐ「Oculus Link」驚くほど違和感なし

Oculus Quest

2019/09/30 11:30

世界最小サイズで8K撮影可能 360度VRカメラ「QooCam 8K」

テック

2019/11/19 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

触覚を記録し再生するベスト型デバイス「Sense-Roid Type-S」が話題に


人工筋生地と空気圧バルーンを用いた、触覚記録再生ウェア「Sense-Roid Type-S」が公開されました。本デバイスでは「力のかかり方を記憶しておき、後で触覚を再現する」等が可能となります。

https://www.youtube.com/watch?v=nuvaA0NImKw

本デバイスを制作したのは、髙橋宣裕氏をはじめとするプロジェクトチームです。

「入力」と「出力」の2つから成る触覚記録再生ウェア

「Sense-Roid Type-S」は「The haptic playback wear」と「The haptic recording wear」から構成されています。両コンポーネントには、独自のフィッティングメソッドが採用されており、幅広い体型のユーザーに対応、形状を調整することが可能です。

「The haptic playback wear」は、60の人工筋生地が使用されており、利用者の上半身に対して、広範囲の触覚刺激を引き起こすことが可能。「The haptic recording wear」は力検知機能が実装された38の空気圧バルーンから構成されており、「The haptic playback wear」の対応箇所と同じ部分にかかる加圧力の位置と強さが検出可能です。

これらのデバイスを利用することにより、触覚を離れた距離で再現するほか、「触られ方」を記録、後から再生することができるようになるなど、今後の活用や発展が期待できます。

(参考)髙橋 宣裕 | Nobuhiro Takahashi’s Works



【Sponsored Post】
・ストリートとテクノロジーが出会うとき、何が起こるのか? 表現の最前線を行く「JIKKEN」を見よ
・藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト
・目の前に広がる「ポケモンGO」や「Ingress」の世界 話題を集めた体験の舞台裏

リアルイベント「東京VTuber劇場」が8月8日に開催 ツーショットチェキやトークタイムが楽しめる特典会も

2019/07/22 18:00 VTuber 最新ニュース一覧

池上彰がVTuberに?「イケガミ君」がテレビ東京の選挙特番に登場

2019/07/22 18:00 VTuber 最新ニュース一覧

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集