デイリーランキング

「HoloLens」次世代機発表の噂、新VRデバイスについてHTCのキーパーソンにインタビュー – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/01/22 10:02 New

VRはオピオイド乱用問題への切り札となるか、CTやMRIをもとに患者の脳をVRツアー – 起業家医師から見た医療×VRのいま

ビジネス活用事例

2019/01/21 18:00

VR/ARのビジネス活用事例10選。国内外で業務効率向上やコスト削減に

ビジネス活用事例

2019/01/21 11:00

新VRデバイス「VIVE Cosmos」の正体とは HTCのキーパーソンに突撃インタビュー

業界動向

2019/01/18 18:45

マイクロソフト、2月末にMRデバイスHoloLens2発表か

業界動向

2019/01/18 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

コンピュータビジョンとARで業務合理化、スイス企業が約33億円の資金調達

バーコードスキャン技術を手掛けるScandit社は、シリーズBで3,000万ドル(約33億円)の資金調達を行いました。技術開発や海外展開を進め、同社の「モバイルコンピュータビジョンプラットフォーム」の更なる拡大を図ります。

スキャン、コンピュータービジョン、ARの組み合わせ

Scanditは、2009年にマサチューセッツ工科大学やチューリッヒ工科大学、IBMリサーチの研究者らがスイスのチューリッヒで立ち上げた企業です。今ではサンフランシスコなど世界の合計5拠点にオフィスを置き、モバイルコンピュータビジョン、AR、機械学習などの技術を活用し、次世代のバーコードスキャン技術を開発しています。すでにルイ・ヴィトンやDHL、リーバイスなどのグローバル企業が同社のモバイルデータキャプチャプログラムを利用しています。

今回の資金調達は、複数のベンチャーキャピタルや投資機関から行われました。同社がこれまで調達した1,300万ドル(約14.3億円)以上の資金と合わせ、海外展開の推進へと活用していきます。同時に、スマートフォン等のカメラを用いた、モバイルコンピュータビジョンプラットフォームの更なる拡大も進む計画です。

さらに今回の資金調達により、同社は日々の企業活動へ、長期的な視野でIoTの導入を進めていきます。スマートフォンとそのカメラ機能を活用し、モバイルコンピュータビジョン、AR技術と組み合わせることで、物理的な世界とデジタルの世界の融合を図る方針です。

小売、製造、医療などの幅広い分野で活用可能

Scanditによれば、同社の技術は「深層学習、機械学習を従来のコンピュータビジョン技術と組み合わせ、企業向けに全く新しいコンピュータビジョンへのアプローチを提供する」もの。その技術が活用される業界は、小売、輸送ロジスティクス、製造、医療など様々な分野に及びます。

個々の企業は、Scanditのスキャン技術を用いたアプリケーションを、自社の重要なワークフローで活用可能です。例として、POSデータ管理、モバイルショッピング、セルフ精算、在庫管理、配達証明等が挙げられます。

例えば小売業では、店頭に並ぶ商品のバーコードをスマートフォンで読み取り、関連する情報をAR画像で商品に重ねて提示するといった活用方法があります。またロジスティクスでは、荷物のラベルをARグラスなどで読み取ると、倉庫内の保管場所を空間にARで示し、スムーズな業務を助けます。

このように、Scanditのモバイルコンピュータビジョンはデジタル技術の可能性を変え、信頼性が高く、安定したソリューションを企業へ提供しています。

業務の合理化・コスト削減を目指す

ScanditのCEO、Samuel Mueller氏は今回の資金調達について「モバイルコンピュータビジョンの可能性を理解するベンチャーキャピタルから支援を受けられることに、感激しています」と話しました。そして「資金調達により、成長スピードを速めると同時に、より大きなビジネスプランを描いていきます。企業におけるモバイルコンピュータビジョンとARの導入を進め、業務の合理化とコスト削減を目指します」と将来像を語りました。

(参考)VRFocus
Mogura VRはVRFocusのパートナーメディアです。

VR/ARで変わるジャーナリズム NYのVR体験施設で展示会

2018/07/30 11:30 ビジネス活用事例

大阪の守口市にVR ZONEオープン、ワンピースのキャラたちがVTuberに – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

2018/07/30 11:30 業界動向