デイリーランキング

NVIDIA、新型ワークステーション向けGPU「NVIDIA RTX A5000」「RTX A4000」4月後半に発売

テック

2021/04/14 18:00

エピックゲームズが「メタバース構築」へ10億ドルを調達 ソニーも再度出資

投資

2021/04/14 11:31

Picoが新一体型VRヘッドセット「Pico Neo 3」の詳細発表、AR/VR専用チップ搭載

テック

2021/04/15 11:00

注目続くVRライブ、米企業が約10億円調達

投資

2021/04/13 18:37

NVIDIA、クラウドで描画処理を行うXRコンテンツ配信サービス「CloudXR」を提供開始

業界動向

2021/04/13 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

サムスン、曲面パネル採用のVRヘッドセットを特許申請 視野角180度以上

サムスンが米国特許商標庁に提出した、広範囲FOV(視野角)を実現した新型VRヘッドセットの特許が、2019年1月24日、特許公開されました。今回特許公開された新型VRヘッドセットは、ディスプレイに曲面OLED(有機発光ダイオード)を採用し、最低180度の視野角を実現します。

異なるレンズの組み合わせで動作

200度とも言われている人間の視野を覆う広い視野角の実現は、VRヘッドセットメーカーが目指している目標でもあります。現在、発売されているVRヘッドセットの多くが、100〜110度程度の視野角です。唯一、StarVR社のStarVR Oneは210度の視野角を実現しています。

サムスンの特許に記されているVRヘッドセットは、ユーザーの片眼あたり2枚のレンズが対応する設計です。出願書によると、レンズの1枚はフレネルレンズ(※)で、単体で120度の視野角を実現します。もう1枚のレンズは広角レンズ(非フレネルレンズ)です。この2枚のレンズが組み合わさることで、180度の視野角を達成します。

曲面OLEDがVRヘッドセットの大型化を抑えた上で、広範囲FOVの実現を可能にしていると考えられます。

製品化の予定は未定

今回の新型VRヘッドセットの特許公開は、アメリカの特許出願の制度上、特許の内容が公開されただけであり、この特許が実際に登録(承認)されるかは不明です。サムスンが、特許を活用したVRヘッドセットの開発を開発する意思を有してるのかも判明していません。

製品化が行われた場合、同社が世界最大の小型OLED製造企業であることは有利に働くと推測されます。

以前からVR(MR)に注力している企業

サムスンは、以前からVR(MR)分野に注力しているます。2015年、サムスンはOculus(現、Facebook)と共同で、同社初となるモバイルVRヘッドセットGear VRをリリースしました。Gear VRは、ヘッドセットにサムスンのスマートフォンGalaxyシリーズを装着することで動作します。

また、2017年11月には、Windows Mixed Reality対応の中では唯一OLEDを採用したPC向けMRヘッドセットOdesseyを発売しました。2018年12月には、Odysseyの後継モデル「Odyssey+」が販売開始されています。Odysseyシリーズは日本国内では販売されていません。

(参考)UploadVR


【Mogura主催のイベント】
・実際に開催してわかったオンライン・バーチャルイベントの運営ノウハウ・動向を語る! オンラインセミナー開催(4/21)  

宇宙での生活をVRで 国際宇宙ステーションにVR用カメラが設置

2019/01/30 19:30 VR動画

「Beat Saber」DLCは延期となるも無料の楽曲追加も予定

2019/01/30 19:30 ゲーム・アプリ