デイリーランキング

米陸軍の最大2兆円規模「HoloLens 2」導入が延期、2022年9月予定へ

業界動向

2021/10/21 19:30

フェイスブックが社名変更か SNSからメタバース企業へ

業界動向

2021/10/20 15:33

新たなVRヘッドセット「Varjo Aero」登場 5.8Kで視線追跡つき、価格は約22万円で一般販売も

業界動向

2021/10/21 22:23

アクセンチュアが6万台のVRヘッドセットを導入 新入社員のトレーニングに

業界動向

2021/10/19 20:05

超高解像度VRヘッドセットのVarjoから「隠しメッセージ」。新製品関連か

業界動向

2021/10/21 18:30

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ロゼッタの多言語翻訳VRオフィス、スタートアップと連携して実現

株式会社ロゼッタと株式会社Synamonは、VR空間で翻訳可能なオフィス「リアルタイム多言語翻訳システム装備のVRオフィス」を共同開発したことを発表しました。VR空間にいるユーザー同士が言語の壁を超えてコミュニケーション可能になります。

Synamonは、複数人が同時にクラウド上のVR空間に接続し、物体や空間のビジュアルデータを共有しながらコミュニケーションができるサービス「NEUTRANS」を展開しています。2020年10月には自動翻訳開発を行うロゼッタと資本業務提携を実施して以来、両社は言語フリーのVRオフィスを中心とした事業開発を進めてきました。

今回両社が開発したサービスは、ロゼッタの音声翻訳機能を「NEUTRANS」に組み込むことで、VRオフィス内の話者の話した内容をリアルタイムに翻訳することができるもの。対応言語は日本語・英語・中国語(簡体)の3言語。翻訳言語は操作パネルで切り替えることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=QYp3sqSYxqg

VRコラボツールでビジネス支援

Synamonは「NEUTRANS」(旧名:NEUTRANS BIZ)の提供を中心に、販促支援や技術提供、新規事業のコンサルティングといったサポートを行う「NEUTRANS Partner Program」を提供しています。本プログラムにはKDDIやリコー、日本総合研究所などの企業が参加しています。

VR開発のSynamon、KDDIに技術提供 バーチャル空間を活用した体験ツアー | Mogura VR

VR開発のSynamon、KDDIに技術提供 バーチャル空間を活用した体験ツアー | Mogura VR

MoguraVR

リコーが実在施設をVRで再現、遠隔から来訪可能に | Mogura VR

リコーが実在施設をVRで再現、遠隔から来訪可能に | Mogura VR

MoguraVR

(参考)株式会社Synamon プレスリリース


目指すはバーチャルヒューマンの社会実装 KDDIが5GやXR活用のクリエイティブチームを発足

2021/03/10 20:00 業界動向

HTC、小型軽量になった新型VIVEトラッカーと表情トラッキングデバイスを発表

2021/03/10 20:00 HTC VIVE シリーズ 最新情報