デイリーランキング

SteamVRがVRの標準仕様「OpenXR」に正式対応 対応プラットフォームが増加中

開発

2021/02/25 18:15

ARグラス「KURA Gallium」が2021年末生産開始、片目8K・視野角150度等ハイスペックデバイス

テック

2021/02/24 12:00

ジョン・カーマック、2014年のフェイスブックによるOculus買収について語る

業界動向

2021/02/25 12:30

VR/AR開発のMark-on、VTuber配信アプリと3Dモデル制作がセットのパッケージ販売開始

業界動向

2021/02/24 11:20

文科省がさらにVR教育プログラムを採択 今度は調理師向け

活用事例

2021/02/25 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

リコー、ライブストリーミング特化の全天球カメラ「RICOH R」の予約開始 価格は59,800円

気軽に360度撮影が可能な全天球カメラRICOH THETAで知られる 株式会社リコーは、24 時間連続で360°の全天球ライブストリーミングが可能となるカメラ『RICOH R Development Kit』のプレオーダーを2月27日より開始しました。販売価格は税込、送料別で59,800円。予約はこちらのサイトから可能です。出荷は2017年5 月頃を予定しているとのこと。

 「RICOH R Development Kit」は、2K 解像度30fps(フレーム/ 秒) での全天球ライブストリーミング可能が可能です。全天球映像の標準フォーマットであるイクイレクタングル方式にカメラ内で自動でスティッチング(2つあるレンズの画像をつなぎ合わせること)できるため、運用が手軽です。HDMI・USB 出力に対応しています。

AC アダプターを使用し24 時間の連続稼動が可能です。125グラムという薄型・軽量ボディでありながらマイクロSD カードへの映像記録が可能です。

本機は開発機としての位置づけです。出荷とともに開発者向けにカメラをUSB 経由でコントロールするためのAPIが公開されます。また、パソコン向け映像コントロールツール「RICOH R コンソール」のソースコードがGitHub を通じて公開される予定です。エンターテイメント分野にとどまらず、様々な分野での運用が期待されます。

 

■主な仕様

映像品質 1920 x 960, Equirectangular Projection Format, 30fps
映像出力端子 マイクロHDMI®タイプD, マイクロUSB
HDMI映像出力 Full HD, 59.94i アクチュアルサイズモード 1920 x 960 + 120またはFull HDモード 1920 x 1080
USB映像出力 UVC 1.5/H.264, 29.97fps アクチュアルサイズモード 1920 x 960 + 120またはFull HDモード 1920 x 1080
音声出力 内蔵モノラルマイク
映像記録メディア マイクロSDカード, 32GBまで
映像記録フォーマット MP4
映像記録時間 通常モード 約30分 長時間モード 約60分
外部電源入力端子 USB マイクロB
ACアダプター 5V/1.5A以上のUSB用ACアダプター
使用動作温度 0℃~40℃
外形寸法 46mm(W) x 118mm(H) x 22.9mm(D)
質量 約125g
本体同梱品 スタンド, キャリングケース, USBケーブル 2本

また、プロトタイプが2017 年2 月27 日よりスペインバルセロナで開催される世界最大規模の携帯通信関連展示会、「モバイル・ワールド・コングレス2017(MWC2017)」で出展されます(ホール8.0 J3)。 その様子をYouTubeのRICOH R Development KitのアカウントからMRデバイスHoloLensでも閲覧可能です。

RIOCH R 公式サイト

http://ricohr.ricoh/ja/


【PSVR】2D格闘ゲームをVRで『STEEL COMBAT』2月28日配信開始

2017/02/27 20:20 ゲーム・アプリ

LGから新たなハイエンドVRデバイスが登場 HTC Viveと同じシステムを採用

2017/02/27 20:20 テック