デイリーランキング

VR/ARのビジネス活用事例10選。国内外で業務効率向上やコスト削減に

ビジネス活用事例

2019/01/21 11:00

新VRデバイス「VIVE Cosmos」の正体とは HTCのキーパーソンに突撃インタビュー

業界動向

2019/01/18 18:45

CESで存在感を高めるデジタル・ヘルス、VRによる医療の再定義 – 起業家医師から見た医療×VRのいま

ビジネス活用事例

2019/01/18 17:30

マイクロソフト、2月末にMRデバイスHoloLens2発表か

業界動向

2019/01/18 11:30

GeForce RTX 2060、多くがVirtualLink用ポート未実装か

テック

2019/01/17 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

パナソニック、スマートグラスで外食産業の教育支援

パナソニック株式会社は、スマートグラスを活用した業務用調理トレーニングソリューション「Kronosys」を「SXSW2018(サウス・バイ・サウスウェスト2018)」にて発表しました。

「Kronosys」は、調理未経験の新人スタッフや外国人スタッフに対し、各メニューの調理手順のトレーニングなど、教育環境を整えることができるデバイスです。

https://www.youtube.com/watch?v=fPMQz_y5Ib4

パナソニックによれば、外食産業は人手不足に直面しており、それに伴って新人を教育する指導者の不在や、教育時間の不足に悩む現場が増えているとのこと。そうした問題に対し、同社は「Kronosys」を開発。機器を連携することで厨房機器の効率化や、映像・音声による遠隔でのトレーニングを行い、より効果的なトレーニングの提供を目指します。

「Kronosys」は音声制御を利用しており、両手を塞ぐことなく使用できます。加えて他言語に対応し、スタッフの母国語を問わずトレーニングを可能としています。

パナソニックは今後、業務トレーニング以外にも各種機器情報、従業員の行動情報などを活用し、現場のさらなる効率化と事業をサポートしていくとのことです。

(参考)パナソニック株式会社 公式サイト

バーチャルYouTuberの作り方・仕組みとは?解説本が発売

2018/03/19 19:21 VTuber 最新ニュース一覧

グーグルマップの地図データでゲーム開発 開発者が利用可能に

2018/03/19 19:21 ビジネス活用事例