デイリーランキング

iPad Proで点群スキャン、「LiDAR」活用のアプリがリリース

テック

2020/09/30 12:00

MRデバイス「HoloLens 2」で体験型オンライン授業、80%以上が「内容定着しやすい」

活用事例

2020/09/30 11:31

「PSVR2」用か? ソニーが新ハンドコントローラーを特許出願

テック

2020/09/28 12:00

触覚デバイスのHaptX、大学から150万ドルの助成金 “全身力触覚”目指す

投資

2020/09/30 19:30

バーチャルオフィスにアバター出勤、クラウドオフィス「RISA」

業界動向

2020/09/30 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VR内カメラマン?VRゲームの世界をスマホで覗きながら激写

グーグル傘下のVRゲームスタジオOwlchemy Labsは、次回作「Vacation Simulator」の開発にあたり、ARCoreを活用した「モバイルスペクテイターカメラ」の機能を実験的に試みていると明らかにしました。これはVR内の様子を、スマートフォンを使い第3者視点で撮影する機能です。

OC5でも見られた取組

VR内の様子を映し出す機能は、2018年9月に開催されたOculus Connect 5でも公開されています。新一体型ヘッドセットOculus Questのアリーナスケールのデモ「Dead and Buried Arena」では、iPadをカメラにプレイヤーの動きを撮影。iPadにはまるでVR内を覗き込んでいるかのように銃撃戦の様子が映し出されました。

https://www.youtube.com/watch?v=QJXpHp_iQF4

Owlchemy Labsの取組は、このiPadを使った撮影と基本的に同じ思想だと考えられます。同社はARCoreを用いていますが、理論上はアップルのARプラットフォーム、ARKitを使っても実現可能でしょう。

Owlchemy Labsは公式ブログの中で、この機能の追加がいかに困難かについて次のように記載しています。

この機能を搭載するためには追加のレンダリングとビデオエンコーディングが必要になり、PCのパフォーマンスへの負荷がかなり増えました。またモバイル機器にも、ARCoreでの処理とビデオデコーディングを同時に行うことで大きな負荷がかかります。さらに、エンコーディング/デコーディングプロセスによる遅延も目立ちます。今回の例は我々がチャレンジしているいくつかの例に過ぎません。

via Gfycat

ゲームにインタラクションの要素

「Vacation Simulator」は、Owlchemy Labsの人気タイトル「Job Simulator」の続編に当たります。目の前の物を手に取って、好き放題遊べる自由度の高いゲームです。

「モバイルスペクテイターカメラ」の機能は現時点ではまだ構想段階ですが、インタラクションの要素が加わるという点で興味深いアイディアです。またヘッドセットを装着していない第3者も一緒にVRを楽しめるというだけでなく、スマートフォンが現実世界と同様に、VRの中でもカメラとして使えます。

Owlchemy Labsはこの機能がまだ研究プロジェクトのレベルであり、「現時点リリースする予定はない」としています。

(参考)UploadVRTwitter


「カスタムキャスト」使い方を徹底解説!スマホで簡単VTuberモデル作成・配信

2018/10/08 12:30 VTuber 最新ニュース一覧

YouTubeでVR動画を見るには?視聴方法・デバイス・注意点を紹介

2018/10/08 12:30 VR動画