デイリーランキング

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

JDIが高精細VR向け液晶を量産開始、メガネ型デバイスに向け

業界動向

2020/02/17 19:34

「Google Chrome」のAR対応が強化、API拡張へ

開発

2020/02/18 18:33

2020年、XR産業の展望は? プレイヤー14社が語る

業界動向

2020/02/17 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

中国メーカー、5Gでスマホ間のライブ3D動画配信ライブデモ

中国のデバイスメーカーOPPOと半導体のクアルコムは、デプス(深度)センシングカメラと5G通信を利用して、スマートフォンでの「ライブ3D動画」の配信を実現すると発表しました。OPPOはこの技術が「およそ6か月以内にリリースされる」と述べています。

ビデオ通話も3Dで

OPPOは高速3Dスキャン技術と広帯域・低遅延の5Gモバイル通信を組み合わせることで、ライブ3D動画配信の技術を実現。デバイス間で、途切れなく3D動画をやり取りします。

この技術を使えば、FaceTimeやSkypeのようなビデオ通話を行う際、2Dではなく3Dで映像を流せます。ユーザーは、好きなアングルへ視点を変えることも可能です。相手の存在が立体的に感じられ、お互い「まるでその場にいるように」会話ができるようになります。

世界初のライブデモを実施

OPPOとクアルコムは10日、中国深センにて”世界初の3D光技術を用いた5Gビデオ通話のデモ”と称したライブデモを行いました。使用されたデバイスのプロトタイプはOPPOのスマートフォンR11sを改造したもので、デプスセンシングカメラを備えています。このカメラで、色彩と3D深度情報を取得し、データは5G通信で相手のデバイスに配信されます。

UR(Ubiquitous Reality)デバイスへの一歩

6か月以内の公開という情報から、OPPOがこの3Dカメラ技術と3Dビデオ通話を、同社初の5Gスマートフォンに搭載することが予想されます。スマートフォンのリリースは2019年初旬と見られています。またOPPOは、この技術はデバイスが”UR(Ubiquitous Reality)”デバイスを進める一歩だと提案。URはAR/VR技術からの派生と位置付けています。

OPPOが今後発売するスマートフォンで3D動画通信が実現するかどうかはまだ分かりませんが、モバイル機器でデプスセンシングカメラや高速通信が実現すれば、3Dビデオ通話の新たなスタンダードが現れる日も遠くはなさそうです。

(参考)VentureBeat


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

話題のVRリズムゲーム「Beat Saber」、運動量はテニス並み

2018/05/15 20:00 ゲーム・アプリ

どうなる?グーグルの次世代コントローラーの行方

2018/05/15 20:00 テック
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集