デイリーランキング

“深度センサー”でスマホはどう変わる? ソニーが描くその未来

テック

2019/02/14 19:00

ブラウザでのAR、VRに影響 iOS12.2でセキュリティが強化

開発

2019/02/14 12:00

悪夢の克服にVRが効果的 調査結果が発表される

ビジネス活用事例

2019/02/14 11:30

「2019年のVRが楽しみな理由」Oculus創設メンバーが語る

業界動向

2019/02/13 12:02

マイクロソフトが小型ARデバイス特許公開、Oculus Riftアップグレード版登場か – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/02/12 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRで現実のように“視る” Oculusが挑む多焦点ディスプレイ

VRヘッドセットでおなじみOculus社の研究部門に相当する「Oculus Research」は、眼球追跡技術を応用した多焦点ディスプレイ技術に関する研究結果を発表しました。研究では、「知覚的(perceptual)」と名付けられた概要が説明されています。

よりリアルな現実感をVRで再現

https://www.youtube.com/watch?v=Ok2cwW0xtaE

現在のVRヘッドセットでは固定焦点のイメージをディスプレイに映し出しますが、これには輻輳調節矛盾と呼ばれる問題が存在します。これはディスプレイが現実的な焦点の手がかりを提供しないためにユーザーも正しく焦点が調節できず、現実感が低下し不快感にもつながるというもの。

しかし正確な眼球追跡技術と、前面や背景の複数エリアから作成された複数のディスプレイ面(3Dオブジェクトを平たく切り取った面)を利用すれば、現実世界のような「ブラー(ぼけ)」を得ることができます。さらに、今回の研究は「知覚的(perceptual)」と名付けられたプラットフォームにも及んでいます。

Oculus Researchによれば、この研究の目的はユーザーの視線を追跡するだけでなく、目と頭の動きに合致するように複数平面のシーンを調整することで、システムの計算量とハードウェアの正確性を理解するためのプラットフォームを提供することだとしています。

「調整レスポンスを正確に計測し、最高品質のイメージを提供するのが我々の目的です」とケビン・マッケンジー(Kevin MacKenzie)研究員は語っています。

将来の製品開発に応用も

マッケンジー研究員は、「眼の焦点のシステムがどのように動作し焦点を調整するのかについて、正確に定義づけられていないのは驚くべき事実です。そしてそのような疑問に、刺激提示と眼球運動の計測の高レベルな統合を実現した我々のシステムは答えることができるでしょう」としています。

研究チームは現行のGPU実装と互換性を保ちながら、従来手法よりも3桁も計算スピードを向上させることに成功しています。これは、多焦点ディスプレイを実現させるための実践的な視線追跡とレンダリング要求を満たす手助けになることでしょう。

さらに研究員のMarina Zannoli氏は、以下のように期待を寄せています。「この技術は製品開発の可能性を広げるだけでなく、視覚科学の基礎にも貢献することでしょう。このプラットフォームは深度知覚における光学ぼけ、さらには収束や調整のメカニズムの理解を助けることにつながります。これらの2つの分野の研究は快適かつ没入感のあるVR製品の開発に、直接的なインパクトをもたらすことが期待されます」

(参照)
Road to VR(英語)
https://www.roadtovr.com/oculus-research-reveals-new-multi-focal-display-tech/


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

「中村佑介×アジカン×VR」360度中村佑介のイラストが広がる

2018/01/29 19:30 ゲーム・アプリ

【PSVR】少女と世界の謎に挑む『星の欠片の物語』プロローグ発売

2018/01/29 19:30 PlayStation VR(PSVR)