デイリーランキング

PSVR2への布石? ソニーが触覚フィードバック企業と特許ライセンス締結

業界動向

2019/05/17 12:40

HTCのVRデバイス「VIVE Pro Eye」の予約がヨーロッパなどでスタート、5月24日出荷予定

VIVE

2019/05/16 12:15

ソフトバンク傘下のARM、VR向け新ディスプレイプロセッサを発表

テック

2019/05/17 18:30

中国の“Netflix”、4Kの一体型VRヘッドセットを発表

業界動向

2019/05/16 11:00

VRジェットコースター廃止相次ぐ 続かなかったその理由

業界動向

2019/05/13 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

旺文社のCVC、10億円規模ファンド組成 AR/VRも対象に

株式会社旺文社ベンチャーズは、10億円のファンドを組成し、2018年6月より本格的に活動を開始しました。主に認知科学、教育用ロボット、AI、VR、ARなどの技術を活用したEdTech(Education(教育)×Technology(技術))や、教育分野におけるAdTech(Ad Technology(広告技術))を対象に出資します。

出資規模は主に数千万~5000万円を想定。さらに旺文社や提携・関連企業のアセットを活用して、国内外のEdTechスタートアップ企業と共に、イノベーションを加速させていきます。

VR/ARなどを活用したEdTechスタートアップとの連携

旺文社は、1931年の創業以来、通信添削、受験情報誌、英単語帳、模擬試験などで教育業界に様々なイノベーションを起こしてきました。近年では長年蓄積したノウハウやコンテンツを用い、多様なデバイスでの学習コンテンツの提供や、学習アプリ、進学情報WEBサービスなどEdTech事業を推進しています。

現在、国内外で認知科学、教育用ロボット、AI、VR、ARなどの技術を活用したEdTechスタートアップへの投資が急速に拡大しています。この状況で更なるイノベーションを創出するためには、自社のみならずスタートアップ企業との連携による様々なシナジーを図る必要があると考え、その一環として今回のコーポレートベンチャーキャピタル設立に至りました。


(世界のEdTechスタートアップ資金調達推移)

方針・方向性

投資方針

旺文社ベンチャーズは、単に資金を提供するだけにとどまりません。旺文社や提携・関連企業が長年培ってきた教育分野におけるノウハウ、参考書などを活用し、“共に育む”事業を推進します。そして、学習コンテンツの制作や教育現場へのネットワークなど、スタートアップ企業がかかえる課題を解決。新しい価値をよりスピーディーに創造できるようにサポートしていきます。

対象は、主に認知科学、教育用ロボット、AI、VR、ARなどの技術を活用したEdTechや、教育分野におけるAdTechなどです。必ずしも短期的に事業シナジーが見込めない場合であっても、長期的な視点で将来性がある場合には対象として積極的に投資するとしています。

また海外については、提携企業の株式会社EduLabと連携し、中国やインド、シンガポールなどのアジア圏、北米など世界の市場に投資領域を広げていきます。

スタートアップ企業の発掘・支援

世界最大級のEdTechスタートアップコンペティション「The Global Edtech Startup Awards(GESA)」の本年度日本予選を主催しているEduLabと連携し、有望なEdTechスタートアップ企業の発掘・支援をします。スタートアップ企業との協業を通して、グローバルにおける教育およびEdTech市場の発展にも寄与していきます。

投資対象

対象分野

EdTech領域全般

ステージ

主にアーリーからミドルステージ

エリア

国内および海外

投資スタンス

・旺文社、提携・関連企業との事業シナジーが見込める場合
・事業シナジーが短期的に見込むことが難しい場合でも、長期的な将来性を見込める場合

出資金額規模

数千万円~5千万円程度(ステージにもよる)

(参考)株式会社旺文社ベンチャーズプレスリリース

JALとナーブ、VRで機内の魅力を伝える 海外セールスで活用

2018/07/06 11:30 プロモ・マーケティング

「東雲めぐ」に東京タワーで会える! 7月10日からイベント開催

2018/07/06 11:30 イベント情報
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集