デイリーランキング

Oculus Questの公式ストア外アプリ配信は2021年導入か、マイクロソフトがMR特化の公式カンファレンスを開催 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/11/30 08:00

【第5回】VR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi 2020」セッション内容紹介〜XR体験設計のコツ、“境界”の操作、VRはリアルかフィクションか、XRコンテンツの著作権保護〜

セミナー

2020/11/30 12:00

KDDIはMRと5G、そして“バーチャルヒューマン”で未来に取り組む

業界動向

2020/11/27 19:00 Sponsored

HoloLens 2の導入には「確かな手応え」、マイクロソフトの推進するMR活用とその戦略

業界動向

2020/11/27 18:30 Sponsored

京都発VRゲームのスタートアップが約1億円調達、開発体制を拡充

投資

2020/11/26 17:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

モリサワと神戸大、「VRやARで読みやすい文字」研究

神戸大学は、ロンドンで開催されるウェアラブルコンピューティング分野の国際学会「ISWC 2019」で研究成果の登壇発表を行います。今回のテーマは、ウェアラブル端末を使用する際、「動きながら読む」行動に適したフォントの可読性・可視性。VRヘッドセットやARグラス、MRデバイスを想定したフォント選定などに役立つ可能性があります。

この研究にはDTP用フォントなどを開発・提供する株式会社モリサワが協力しており、比較対象となるフォントの選定や提供を行っています。

ARやVRで「読

みやすい」フォントとは?

ISWC 2019で発表を行うのは、神戸大学大学院 工学研究科電気電子工学専攻 教授の寺田努⽒のチームです。テーマは「頭部装着ディスプレイでの画⾯揺れを考慮したフォントの可読性・可視性(Readability and Legibility of Fonts Considering Shakiness of Head Mounted Displays)」。ウェアラブル端末を使用した際、階段昇降や歩行によって生じる“揺れ”を想定し、どのようなフォントであれば読みやすいか、などをまとめています。

モリサワはかねてからVRゲームにフォントを提供してきたほか、株式会社神戸デジタル・ラボと共同研究を行い、同社のMR商品紹介アプリに協力するなど、AR/VR/MR関連の取り組みを進めています。

「見るだけ」で商品説明、HoloLens向けアプリ開発 多言語にも対応 | Mogura VR

「見るだけ」で商品説明、HoloLens向けアプリ開発 多言語にも対応 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)株式会社モリサワ プレスリリース


【Mogura主催のイベント】
・最前線の知見が学べる、国内最大級のVR/AR/MR関連カンファレンス「XR Kaigi」今年も開催!(12/8 -12/10)

劇場版「バンドリ」を自宅から観よう! VRで映画上映会

2019/09/10 11:00 イベント情報

アメリカの有名バイオリニストもVRライブ公演、YouTubeでも反響

2019/09/10 11:00 音楽・ライブ