デイリーランキング

中国発の“折り畳めるARグラス” 2020年発売へ

テック

2020/01/20 11:30

レノボ、新一体型VRヘッドセットを発表 学校教育プログラム向けに

業界動向

2020/01/20 19:30

米Mojo、スマートコンタクトレンズを開発中 「目に見えないコンピューティング」目指す

テック

2020/01/18 11:30

「ARグラスのブレークスルーは2020年代」ザッカーバーグ語る、介護向けVRスタートアップの資金調達先に注目  ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/01/20 10:04

HoloLens 2、一部のデバイスで表示に問題か。マイクロソフトは「対応中」

業界動向

2020/01/19 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

モリサワと神戸大、「VRやARで読みやすい文字」研究

神戸大学は、ロンドンで開催されるウェアラブルコンピューティング分野の国際学会「ISWC 2019」で研究成果の登壇発表を行います。今回のテーマは、ウェアラブル端末を使用する際、「動きながら読む」行動に適したフォントの可読性・可視性。VRヘッドセットやARグラス、MRデバイスを想定したフォント選定などに役立つ可能性があります。

この研究にはDTP用フォントなどを開発・提供する株式会社モリサワが協力しており、比較対象となるフォントの選定や提供を行っています。

ARやVRで「読

みやすい」フォントとは?

ISWC 2019で発表を行うのは、神戸大学大学院 工学研究科電気電子工学専攻 教授の寺田努⽒のチームです。テーマは「頭部装着ディスプレイでの画⾯揺れを考慮したフォントの可読性・可視性(Readability and Legibility of Fonts Considering Shakiness of Head Mounted Displays)」。ウェアラブル端末を使用した際、階段昇降や歩行によって生じる“揺れ”を想定し、どのようなフォントであれば読みやすいか、などをまとめています。

モリサワはかねてからVRゲームにフォントを提供してきたほか、株式会社神戸デジタル・ラボと共同研究を行い、同社のMR商品紹介アプリに協力するなど、AR/VR/MR関連の取り組みを進めています。

「見るだけ」で商品説明、HoloLens向けアプリ開発 多言語にも対応 | Mogura VR

「見るだけ」で商品説明、HoloLens向けアプリ開発 多言語にも対応 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)株式会社モリサワ プレスリリース


劇場版「バンドリ」を自宅から観よう! VRで映画上映会

2019/09/10 11:00 イベント情報

アメリカの有名バイオリニストもVRライブ公演、YouTubeでも反響

2019/09/10 11:00 音楽・ライブ
新規CTA