ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

日本MS、MRパートナーに新規2社参画 MR技術をビジネスに活用

日本マイクロソフトは、2017年10月より同社が展開する「Mixed Reality(複合現実)パートナープログラム」において、新たに2社が認定パートナーに加わったことを発表しました。

Mixed Reality パートナープログラムは、パートナー企業が法人顧客に対してMRデバイス「HoloLens」 や 「Windows Mixed Reality(Windows MR)対応デバイスを用いたソリューション提供を行えるようになることを目的としています。

今回発表された認定パートナーは、「株式会社積木製作」、「安川情報システム株式会社」の2社です。

株式会社積木製作

積木製作は、MR関連の取り組みとして、ものづくりの現場にMR技術を取り入れ、建設・製造業向けを中心に提供を行っています。同社は清水建設株式会社のプロジェクト「シミズ・ドリーム」において、MRデバイス「HoloLens」を活用しています。HoloLensを用いることで、建築物の3Dモデルを可視化させることで、複数人での検討会を実施したり、実寸大の大きさを表示させて完成イメージを把握したりなどが行えます。

HoloLensは場所を選ばずに利用できるため、従来のように実際の模型を運ぶ必要もありません。また、複数の3Dモデルを持ち出してプレゼンテーションも可能となります。

安川情報システム株式会社

安川情報システムは、ICT技術を活用し製造業の支援を行っており、近年ではIoTやAI技術を活用して業務効率化を進めています。また、さらなる品質向上や、新たな付加価値向上のためにHoloLensを活用した研究開発に取り組んでいます。

また、今回、安川情報システムはMRパートナープログラムの「SI ファストトラック」を利用しています。こちらの制度は、システムインテグレーター向けの認定制度であり、すでに認定パートナーになっている1社と協業することで、自身も認定を受けることができるものです。安川情報システムは株式会社ホロラボとの協業を発表しています。

現在、マイクロソフトの認定パートナーは、以下の企業が参画しています。

・株式会社博報堂プロダクツ
・株式会社ハニカムラボ
・株式会社ホロラボ
・株式会社博報堂
・株式会社wise
・株式会社ネクストスケープ
・株式会社インフォマティクス
・KPMG コンサルティング株式会社
・株式会社南国ソフト

本パートナープログラムに関する詳細、プログラムへの参画はこちらです。(英語)
パートナープログラムへの応募はこちらです(日本語で応募可能)。

(参考)日本マイクロソフト Windows Blogs 

この記事を書いた人

みたらし

ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

Twitter:@MD5ch_com

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース