デイリーランキング

フェイスブックがメタバース構築チーム立ち上げ、 エピックゲームズは3D共有プラットフォームSketchfab買収 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/08/02 08:00

企業向け一体型VRデバイスの新スタンダード 管理システム充実&装着感良好の「Pico Neo 3 Pro」

業界動向

2021/08/02 12:04 New

東京都が「デジタルツイン」プロジェクトサイト開設、ブラウザから使える3Dビューア機能も

業界動向

2021/07/30 19:30

OculusがVRの標準仕様「OpenXR」へ正式対応、独自SDKのサポートは2022年8月末で終了へ

開発

2021/07/29 18:30

VRやARを日常に。体験シーンのUXを考えるデザインラボ「UxR Lab」開設

業界動向

2021/07/30 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

経済産業省、バーチャル空間を活用するビジネスの問題とその対策をまとめた報告書を公開

経済産業省は、「仮想空間の今後の可能性と諸課題に関する調査分析事業」の報告書を公開しました。仮想空間を活用したビジネスで、各ステークホルダー間で発生する問題と法的リスク、その対策方針の他、仮想空間ビジネス拡大の課題などがまとめられています。

報告書では、仮想空間の定義を「VRの中でも、多人数が参加可能で、参加者がアバターを操作して自由に行動でき、他の参加者と交流できるインターネット上に構築される仮想の3次元空間」としています。

調査対象は仮想空間のビジネス活用として、「仮想空間内で自社サービスを提供」「仮想空間をプラットフォームとして提供」の2つの他、「メタバース」も対象とされています。調査のヒアリングは、XR(VR/AR/MR)やデジタルコンテンツ領域に精通している弁護士や学識者、仮想空間プラットフォームを提供する事業者などに行ったとのことです。

NFTなどの登場により保護のニーズが高まる

仮想空間ビジネスの法的論点の法律上の課題としては、「仮想空間内で作成した
仮想オブジェクトに対する権利の保護」が挙げられています。NFT技術などの開発により、識別や譲渡が容易になったため「仮想オブジェクトに関する権利」の保護ニーズが高まっている、そしてゲーム内土地が約1.6億円で売買されたケースがあるなど「仮想オブジェクトの価値」が高まっている、とのことです。

また、仮想オブジェクトの所有権や仮想空間内のキャラクターの経済的価値に関しては、現行法に課題があるため、今後仮想空間の活用が拡大した際には、対応が求められる可能性がある、としています。

権利の保護や侵害など12つの問題

報告書では、仮想空間ビジネスで事業者が直面する可能性がある問題として、権利の保護や侵害、違法情報の流通など12種類を挙げています。事業者がビジネス参入時に留意すべき法的リスクとして、不法行為責任と法的対応の限界に伴うトラブルの発生がある、とのこと。

仮想オブジェクトに対する権利の保護に対しては、NFT技術の活用、著作物使用量のマネタイズモデルの構築、業界団体によるルール作り、著作権法の改正など各対応策がまとめられています。

普及にはAR/MRデバイスが必要か

ビジネス市場拡大に向けた課題では、法やガイドラインの整備、VRデバイスの価格・マネタイズ、XR領域の技術者・キラーコンテンツ不足、仕様の標準化、VRデバイスディスプレイのユーザビリティの向上が必要とのこと。

一般消費者への利用を拡大するための課題は、VRデバイスとコンテンツともにブレイクするーが必要。ブレイクスルーが発生しない場合は、AR/MRのスマートグラスなどのライフスタイルに訴求するサービスから普及していき、徐々にVRが浸透して市場が拡大していく、と推測されています。

本報告書はこちらのページから閲覧できます。

(参考)経済産業省


【Mogura主催のイベント】
・XR企業40社が集結!最新動向がわかる展示会「VR EXPO 2021 TOKYO」限定チケット販売中

【Mogura主催のイベント】
・XR企業40社以上が集結!最新動向がわかる展示会「VR EXPO 2021 TOKYO」限定チケット販売中

ブラウザから3Dモデルをトラッキングできるツール「Kalidoface 3D」が登場 無料で利用可能

2021/07/14 11:30 ゲーム・アプリ

VR用ルームランナーを手掛けるKAT VR、次世代型モデルを発表

2021/07/14 11:30 業界動向