デイリーランキング

Unityはメタバースにどう関わるのか?大型買収の背景をインタビュー

業界動向

2022/01/28 11:45

メタバース構築目指せ HIKKY、65億円調達の舞台裏

業界動向

2022/01/26 11:30

「HoloLens」開発チームの光学アーキテクトが退社、新たに「Google Labs」に参加か

業界動向

2022/01/27 11:30

ラルフローレンCEO「メタバースは若い世代の顧客獲得につながる」

業界動向

2022/01/25 15:37

KDDIとPsychic VR Lab、都市にバーチャル広告やコンテンツを配信する「XRscape」を提供開始

業界動向

2022/01/27 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Magic Leapが大規模リストラを実施 新型コロナの影響大きく

2020年4月22日、MRデバイス「Magic Leap 1」を手がけるMagic Leap社は、現在流行を続ける新型コロナウイルスの影響に伴い、人員を大幅削減したことを発表しました。

Magic Leap社は、2018年よりMRデバイスの開発者版を発売。現在は法人向けを中心に「Magic Leap 1」を展開しています。デバイスの発表前から多額の資金を調達していました。

しかし、最近は同社の経営状況について様々な憶測が飛び交っており、2019年11月には、JPモルガン・チェースに特許資産の大部分を譲渡。2020年3月には、フェイスブックを候補とした身売りの検討が報じられました。

Magic Leap社によれば、同社は今後、2021年に発売予定の次世代デバイス「Magic Leap 2」のリリースや法人向けビジネスをより重視していくとのこと。なお、2020年4月23日現在、日本国内での「Magic Leap 1」発売(5月以降にNTTドコモが販売予定)に影響や変更が発生するのかは、明らかになっていません。

Magic Leapの開発ツール「Magicverse SDK」詳細が明らかに | Mogura VR

Magic Leapの開発ツール「Magicverse SDK」詳細が明らかに | Mogura VR

MoguraVR

Magic Leap、MRを使いリモートワークを加速するパッケージ提供 試用期間は45日間 | Mogura VR

Magic Leap、MRを使いリモートワークを加速するパッケージ提供 試用期間は45日間 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Magic Leap 公式サイト


【注目の記事】
・学びの場をゼロから考え直す。デジタルハリウッド大学が挑む「バーチャルキャンパス」を追え!【第2回: 空間/建築編】

にじさんじ叶がユメノグラフィアを体験 その感想は…?

2020/04/23 13:00 話題

ビデオ会議で「アマビエ」になれる!? ARエフェクトが公開

2020/04/23 13:00 AR/MR
VR/AR/MR 用語集