デイリーランキング

Unityはメタバースにどう関わるのか?大型買収の背景をインタビュー

業界動向

2022/01/28 11:45

メタバース構築目指せ HIKKY、65億円調達の舞台裏

業界動向

2022/01/26 11:30

「HoloLens」開発チームの光学アーキテクトが退社、新たに「Google Labs」に参加か

業界動向

2022/01/27 11:30

ラルフローレンCEO「メタバースは若い世代の顧客獲得につながる」

業界動向

2022/01/25 15:37

KDDIとPsychic VR Lab、都市にバーチャル広告やコンテンツを配信する「XRscape」を提供開始

業界動向

2022/01/27 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Magic Leap、MRを使いリモートワークを加速するパッケージ提供 試用期間は45日間

コロナウイルスの影響で、多くの企業がリモートワークへの切り替えを余儀なくされた現在、分散したチームを強化するソリューションが求められています。MRデバイスで知られるMagic Leapはホログラフィック会議を可能にするSpatial社と提携し、ソフトウェアと機器の新しい試用パッケージ「Magic Leap Collaboration パッケージ」を提供しています。

45日間の試用期間中はMagic Leap 1デバイス、Spatialでのユーザー設定のサポートが提供され、1対1又はチームでのホログラフィック会議が可能になります。他のMagic Leapソリューションと組み合わせることで、遠隔でのコラボレーションやプレゼンテーションを行ったり、マルチサイトの作業レビューやコラボレーションセッションに参加したりも出来るようになる、とのこと。Spatial社では3Dアバターを1枚の写真から作成できるため、簡単にアバターでの会議ができるようになります。。

https://www.youtube.com/watch?v=fVEiskM9_7c

パッケージに含まれているもの

  • 45日間の試用期間中のMagic Leap 1 × 4台
  • Spatialアプリにアクセスするためのユーザーライセンス、リモートサービスのセットアップとインストール
  • 試用期間終了時にパッケージを購入する際のMagic Leap 1 のクレジット

費用:5,000ドル(送料を含む)+税

対象国は、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペインのみです。

試用期間後はSpatialと3台のMagic Leap 1デバイス(4台目は無料)を使用するための1年間のライセンスを購入するか、追加料金なしにパッケージをMagic Leap社に返送可能です。

(参考)magic leap


【注目の記事】
・学びの場をゼロから考え直す。デジタルハリウッド大学が挑む「バーチャルキャンパス」を追え!【第2回: 空間/建築編】

NTTドコモが「Magic Leap 1」5月以降発売、HTCの新VRヘッドセット「VIVE Cosmos Elite」 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

2020/03/23 11:31 業界動向

KDDI、商用5Gサービスの展開スタート。AR/VR体験も多数

2020/03/23 11:31 業界動向
VR/AR/MR 用語集