デイリーランキング

VR/AR両用ヘッドセットのLYNX、200万ドルを調達。発売は2020年夏

投資

2020/02/25 12:15 New

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

KDDI、新型コロナでイベントをバーチャル開催 2020年のXR産業14社が語る展望 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/02/25 12:00 New

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Magic LeapがARコミュニケーションアプリ開発企業を買収、用途の多様化が目的か

MRヘッドセットMagic Leap Oneを手がけるMagic Leap(マジックリープ)社は、ベルギーのAR/VR関連企業Mimesys社を買収しました。Mimesys社はAR/VRに関連したコミュニケーションアプリの開発を手がけるスタートアップ企業です。2019年5月17日現在、買収の詳細な条件や金額などは公表されていません。

今回の買収に伴い、Mimesys社に所属していた開発チームはMagic Leap Oneで動作するMRコミュニケーションアプリの開発を進めていくものと推測されます。

アプリの多様化が目的か

2019年5月現在、Magic Leap Oneには、同ヘッドセットで動作するコミュニケーションアプリ「Avatar Chat」が存在しています。このアプリは簡略化された3Dアバターを使用して会話を行うというもの。主にカジュアルな用途を想定しており、ビジネス上の会議などでは使用に適さないケースがあります。

一方、Mimesys社のコミュニケーションアプリは、実際の人物をそのままARで表示するシステムとなっています。これにより、Magic Leap社はMRヘッドセット用のコミュニケーションアプリに、より“リアルな”要素を加えると思われます。

MimesysCEOのコメント

今回のMimesysの買収について、同社のCEO、Remi Rousseau氏は以下のようにコメントしています。

過去30年にわたってSFなどで描かれたコミュニケーション方法は、実現可能となりつつあります。

我々は以前からMagic Leap社の技術に触れる機会があり、その技術力と可能性に感銘を受けていました。MimesysはMagic Leapの一員となり、弊社のプラットフォームをMagic Leap Oneと統合できることを喜ばしく思っています。

(参考)Magic Leap公式WebサイトMymesis公式Webサイト


ホロライブが常設のVTuberオーディション開設、中国メンバーの募集もスタート

2019/05/17 16:20 VTuberオーディション

富士葵が初ソロイベント「富士葵生誕祭令和元年」開催、6月に池袋HUMAXシネマズで

2019/05/17 16:20 VTuber 最新ニュース一覧
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集