デイリーランキング

リコー、ビジネス向け360度コンテンツサービスのポータル「RICOH360」を公開

ビジネス活用事例

2019/02/15 19:00

XRトレーニングによるコスト削減は年間1.5兆円 多数の企業が取り組む

統計・データ

2019/02/15 12:00

VRで交通事故を体験、安全意識高める 大分県警察ら共同制作

ビジネス活用事例

2019/02/15 11:30

“深度センサー”でスマホはどう変わる? ソニーが描くその未来

テック

2019/02/14 19:00

「2019年のVRが楽しみな理由」Oculus創設メンバーが語る

業界動向

2019/02/13 12:02

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Magic Leap、分散メッシュコンピューティングのスタートアップを買収

MRデバイス「Magic Leap One」を開発しているMagic Leapは、分散メッシュコンピューティング(※)のスタートアップ、Computesを買収したことを発表しました。現実にデジタルのレイヤーを重ねる技術にComputesの技術を活用すると見られています。

※分散メッシュコンピューティング:小型IoT機器が埋め込まれた身の回りのもの同士が情報を共有・交換する技術

買収の詳細は明らかになっていませんが、Magic Leapは公式ブログの中で次のように記しています。

設立当初からChris Matthieu氏とJade Meskill氏は、次世代コンピューティングを実現するという方針に基づき同社(Computes)を運営しています。我々は、Magic Leapが彼らの目標を達成するための完璧な場所であると信じています」

メッシュコンピューティングのComputes

Computesのウェブサイトには既にMagic Leapの社名が掲げられ、同社の事業詳細は見られません。しかし今年2月付の同社の考える「Lattice」のホワイトペーパーの記述から、一部を覗い知ることが出来ます。

「Lattice」は分散型のデータストアです。Computesのメッシュコンピューターが、分散されたワークキュー、台帳、一般用途のデータストアを構築するために用いられます。Latticeのプロトコルにより、権限を付与されたコンピューターはメッシュコンピューターの中で自己管理が可能になります。この機能は、参加するコンピューターの数と能力によってのみ制限されます。Latticeはメッシュコンピューターのメンバーに対し、要求に応じて知的にタスクを割振ります。

https://www.youtube.com/watch?v=y7OO8MwK3OU

分散化でコンピューターの負荷を低減

Magic LeapのComputes買収は同社が目指すMRを実現するために必要な一歩だと考えられます。Magic Leapが目指す、現実に”デジタルの層”を重ねるというMR(複合現実)の実現は、コンピューターにとって負荷の軽いものではありません。これに対して、メッシュコンピューティングはグループ化されたシステムの力を活用。最も必要とするデバイスにリソースを割振り、負荷の低減を実現します。

(参考)TechCrunch


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

PSVRのキーパーソン・SIE吉田修平氏インタビュー、サンダル型VR歩行デバイスがクラウドファンディング開始など – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

2018/10/09 11:00 業界動向

Oculus、施設型VRへも注力か 求人や最近の動向から読み取れる

2018/10/09 11:00 業界動向