デイリーランキング

シャオミがスマートグラス発表 バッテリー搭載でわずか51グラム

業界動向

2021/09/15 12:52

「Oculus Quest Pro」関連?最新ファームウェアに記述が発見される

テック

2021/09/15 12:33

災害発生から「デジタルツイン」活用へ現場はどう動いた?熱海土石流、分刻みの記録

活用事例

2021/09/15 19:30

VRでの銃撃を感じる触覚デバイス「ForceTube」のモジュールが発売

テック

2021/09/14 19:30

ambr、メタバース構築プラットフォーム「xambr」を提供開始 東京ゲームショウに採用

業界動向

2021/09/16 14:57

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VR/AR両対応ヘッドセット「Lynx R1」デモ映像を初公開、その実力は

フランスのLYNXは、VR/AR両対応ヘッドセット「Lynx R1」のデモ映像を初めて公開しました。ビデオシースルーで実現するARが確認できます。

自然な視界を実現

「Lynx R1」はQualcomm(クアルコム)の5G対応の新型チップセット「Snapdragon XR2」を搭載、レンズ中央部分にアイトラッキング用のカメラを備えています。最大の特長は、VRのようなディスプレイと、ビデオパススルーによるARの両立を実現している点。VR/AR両機能を備えることから、“MRヘッドセット”という名称を掲げています。価格は1,500ドル(約16万円)です。

デモ動画では、オフィスのようなスペースに天体が浮かんでいます。オブジェクト、現実世界共に鮮明に映り、違和感なくなじんでいます。

https://www.youtube.com/watch?v=QGRybx3wFso

Lynx R1が内蔵カメラで周囲を認識し、その映像をディスプレイに投影するビデオシースルーを採用している点に注目。この仕組みは視野角の拡大に繋がったり、不透明度や明るさなどの調整が容易といったメリットがあります。

なお同じMRヘッドセットでも、マイクロソフトの「HoloLens」やMagic Leapの「Magic Leap 1」は、メガネのように現実を直接見ながら視界の中にCGモデルを重畳させる透過型デバイスです。

ベゼルの影響も最小化

またLYNXによると、同デバイスはユーザーの視界に対するベゼル部分の重なり(動画左に見える縁部分)を最小化したとのこと。これは周囲の認識が必要なエンタープライズ向けユースケースにおいて、重要なポイントです。

Lynx R1は2021年内の発売が予想されており、公式サイトにてプレオーダーを受付中です。スペック詳細など過去の記事はこちらから。

VR/AR両対応デバイス「Lynx R1」発売延期 ハンドトラッキングなど詳細公開  | Mogura VR

VR/AR両対応デバイス「Lynx R1」発売延期 ハンドトラッキングなど詳細公開  | Mogura VR

MoguraVR

VR/AR両用ヘッドセットのLYNX、200万ドルを調達。発売は2020年夏 | Mogura VR

VR/AR両用ヘッドセットのLYNX、200万ドルを調達。発売は2020年夏 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


ニトリがVR/AR活用のショールーム設置、JVCケンウッドからVRヘッドセット発売 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

2021/02/22 12:00 業界動向

VTuberは「Clubhouse」を活用するのか? 体験者たちに話を聞いてみた

2021/02/22 12:00 VTuber 最新ニュース一覧