デイリーランキング

VR/AR対応 全身体感のスーツ型デバイス「TESLASUIT」国内取り扱い開始

テック

2020/08/04 18:30

NTTドコモ、VR/AR/MRのサービス企画・開発を行う新会社設立

業界動向

2020/08/05 18:46

静岡大学のバーチャルキャンパスが公開 構内を自由に移動

活用事例

2020/08/05 18:52

Oculus Quest後継機の“新情報”、コロナ下でもXR市場予測は上方修正 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/08/03 08:00

リコーがスマートグラス開発、重さは「一般的なメガネ程度」に

業界動向

2020/08/03 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

人工知覚技術のKudan、東証マザーズに新規上場

人工知覚技術を開発・提供するKudan株式会社が、12月19日に東証マザーズへ新規上場しました。公開価格を大きく上回る値をつけており、12月20日14:10現在、14,850円で取引されています。

Kudanは2011年にイギリスで創業し、2014年に日本法人が設立されました 「SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)」を用いた「三次元空間認識」を可能にする「KudanSLAM」などを開発しています。

SLAMとは、デバイスが空間・立体把握をする上で最も重要な技術の一つ。ロボットの自律制御、ナビゲーション、モバイル端末によるARの実現に必要な、3次元位置推定を行う画像認識技術です。

https://www.youtube.com/watch?v=kBqL4h4xtJI

Kudanの独自技術「KudanSLAM」は、あらゆるハードやセンサと柔軟な統合が可能です。幅広くARやVR、自動運転、ドローン、ロボティクス、IoTデバイスへ3次元位置情報を提供します。これにより、横断的な技術インフラとなることが期待されています。

Kudanは、2016年に株式会社博報堂プロダクツ、2017年にLINE株式会社、2018年7月には地図データの株式会社ゼンリンデータコムと提携直近の資料によれば、MRデバイス開発企業のMagic Leapが取引先に含まれていることも確認できます。


映画のようなVR体験 スピルバーグら出資の常設VR施設

2018/12/20 14:30 VR体験施設

部屋に購入予定の家具を試し置き ARグラス向けに試験的なアプリ配信始まる

2018/12/20 14:30 Magic Leap