デイリーランキング

N高がVR入学式を開催、新入生も登壇者もバーチャルに

業界動向

2019/03/23 12:00

PCと一体型VRヘッドセットをワイヤレス接続 クァルコムも技術開発

テック

2019/03/22 11:30

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

KDDI、AR技術を使った「AI少女」の接客デモを開発

KDDIは、AR(拡張現実)空間上のAIキャラクターと対話が可能なシステムを開発した旨を発表しました。本システムは、2017年10月3日から6日に幕張メッセで開催される、IT技術などの展示会「CEATEC JAPAN 2017」のKDDIブースに展示されます。当該ブースは社会・街エリアのC104。

本展示はGoogleのARテクノロジー「Tango」の空間認識技術を活用しており、KDDIが提供するスマートフォン向け音声アシスタントサービス「おはなしアシスタント」 のキャラクター「レナ」がAR空間上に出現します。

「レナ」は対話AIを搭載しており、日常会話が可能です。また、本展示においては対話形式で次世代移動通信システム「5G」についての説明を行うとのこと。従来の音声エージェントだけでは実現が困難な、感情的で豊かな接客デモを体験することができます。

KDDIは今回展示する「おはなしアシスタント」の用途を実用目的に限定せず、より話しかけたくなるような・親しみのもてるコミュニケーションの実現を目的としています。今後も様々な場所や展示での実証を通じ、対話AIの精度を向上させ、auショップのサポートなどへの活用を検討していくとのことです。

(参考)
・スマホで2次元と出会える 夢のGoogle Tangoを触ってみた
・GoogleのAR技術Tangoでは何ができるのか?
・プレスリリース

 
 

火星で必要な建物や乗り物は?VRで模擬体験してインフラ設計

2017/10/03 12:54 イベント情報

NTTドコモ、8K60fpsのVR映像配信・視聴システムを開発

2017/10/03 12:54 ビジネス活用事例