デイリーランキング

Oculus創業者パルマー・ラッキー、Riftの無償リペアキット公開

Oculus Rift

2019/02/20 11:31

“人の眼”レベルのVRを目指すVarjo、VRヘッドセットVR-1発売 価格は6,000ドル

業界動向

2019/02/20 09:20

グーグルがARCoreをアップデート、ARの制作手法を学べるガイドアプリも登場

ARCore

2019/02/19 11:30

話題の裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」日本上陸へ

開発

2019/02/18 20:33

Oculus創設メンバーが語る「2019年のVRが楽しみな理由」、HoloLens 2の予告動画が公開か – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/02/18 08:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

新型360度カメラ「Insta360 ONE X」登場、5.7Kで強力手ブレ補正搭載

10月10日、360度カメラのブランドであるInsta360は、最大5.7K解像度の360度カメラ「Insta360 ONE X」を発表しました。昨年に発売された「Insta360 ONE」の後継機と思わられるこの新製品は、360度カメラであると同時に“新しいアクションカメラでもある”と説明されています。

日本では本日10月10日から予約販売が開始されており、価格は税込52,300円。国内代理店は株式会社ハコスコです。Insta360ハコスコの公式サイトから予約可能です。

(カメラ正面にモニターが付き、THETAのようにスティック型・長方形のデザインに)

「Insta360 ONE X」は、120FPSのスローモーション撮影に加えて、4Kでも50fpsという高いフレームレートの撮影が可能です。さらに、カメラ本体に搭載されたスタビライゼーション(Insta360独自の手ブレ補正機能「FlowState」)により、手持ち撮影でもジンバルを使ったかのように滑らかな映像を実現するとしています。発売前に公開された動画でも、その強力な手ブレ補正機能が誇られていました。

https://www.youtube.com/watch?v=PmdlxlPO7LI

新しいアクションカメラとして説明がされている理由に、360度動画から固定の画角で切り出して自由にカメラワークを行う編集機能「フリーキャプチャー」や、カメラ真下の自撮り棒を消す機能が搭載されていることもあげられます。自撮り棒を消す機能を活用するとドローンで撮影したような映像になるとしています。

他に編集モードでは動画内のシーン別でスピードを変更することができるとのこと。また、スピードを変更した時にモーションブラーを加えることも可能になりました。

「Insta360 ONE」はiPhone/iPad専用の360度カメラでしたが(別売りでAndroid変換用のアタッチメントが発売)、「Insta360 ONE X」はiPhone/iPadとAndroidの両方に対応。同梱されたケーブルを使うことでスマートフォンへの有線接続と撮影した静止画/動画の移行、ライブストリーミングやプレビュー撮影が可能です。

また、Wi-Fi接続機能が追加され、無線でのプレビュー撮影Wi-Fi経由でカメラからスマホへのデータ転送が可能となりました。データ転送のスピードでは有線ケーブル経由が圧倒する早さですが、無線でのプレビューができるようになった点や静止画の転送は利便性が向上したと言えそうです。

他に新しい機能としてはHDR撮影の実装バレットタイムの解像度が3Kに変更されたことなどが挙げられます。HDRによるハイダイナミックレンジを実現することで、360度を撮影しても自然な絵に仕上げることが可能としています。HDRモードは静止画に対応で、今後のアップデートで動画にも対応予定としています。

撮影の幅を広げる専用アクセサリー4つも発表

専用アクセサリーについても下記の4つが発表されました。価格と発売日については未発表となります。

防水ケース

防水ケースは水深5メートルまで対応。水滴からカメラを守るなど、サーフィンといった水上スポーツ向けに設計されているとのこと。

潜水ケース

潜水ケースは水深30メートルまで対応。水中撮影でも綺麗な360度映像を撮れるように設計されています。

GPSスマートリモコン


GPSスマートリモコンで撮影を行うと、自動的にGPS情報が記録されます。動画には速度、方向、標高、位置、ルート情報などを表示できるとのこと。車載などで使用することが想定されていそうです。

ドリフトダーツ

こちらはカメラを投げ飛ばして撮影することで、ダイナミックな映像演出を可能にするアクセサリーです。本発表前に公開されたティザー動画でも使用されており、話題となりました。

https://www.youtube.com/watch?v=RIfWxxlobDg

「Insta360 ONE X」の記録媒体はmicro SDカードで最大128GBまで対応で、ホットスワップ対応の1200mAhの交換式バッテリーが採用されています。スペック向上に加えて「Insta360 ONE X」は、360度カメラとしての自由度と活用の幅をさらに上げてきた、という印象です。

「Insta360 ONE X」製品仕様

レンズ口径

F2.0

重量

90.9g (バッテリー抜き)
115g (バッテリーあり)

サイズ

115mmx48mmx28mm(DxWxH)

写真解像度

6080*3040 (18MP)

動画解像度

5760*[email protected]
3840*[email protected]
3840*[email protected]
3008*[email protected]

写真フォーマット

insp、jpeg(アプリ経由で変換できる)、dng(RAW)

動画フォーマット

insv、mp4(アプリ経由で変換できる)、LOG

動画コーディング

H264

写真モード

標準360度写真
タイマー360度写真
インターバル360度写真
RAW 360度写真
HDR 360度写真

動画モード

標準360度動画
タイムラプスモード
バレットタイム
Log 360度動画

ライブ配信モード

360度ライブ配信
FreeCast (配信側から見せたい視点を選んで配信するモード)

EV値

-3EV~+3EV

露出モード

自動
手動(シャッター速度1/8000s-120s、ISO感度100-3200)
シャッター速度優先 (1/8000s-2s)
ISO感度優先 (100-3200)

ホワイトバランス

自動、曇り、太陽光、蛍光灯、白熱電球

電源供給

1200mAh (5V2A)

持続時間

[email protected]または[email protected]動画撮影の場合、約60分持続可能

充電時間

5V2Aの電源で充電する場合100分
9V2Aの電源(公式充電器)で充電する場合60分

充電方法

Micro-USB

Bluetooth

BLE4.0

Wi-Fi

5G (最大20メートル範囲)

USB

Micro-USB

SDカード

UHS-I V30の転送速度、exFAT(FAT64) フォーマットが必要; 最大128GBまで対応


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

大きな話題となった「バーチャルマーケット」ワールドが一般公開

2018/10/10 23:00 話題

ゼンハイザー、Magic Leap One向けイヤホン発表 現実とバーチャルの音を融合

2018/10/10 23:00 Magic Leap