Home » ハコスコ社、EC向けのメタバース「メタストア」βプログラムの受付を開始


メタバース 2022.03.29

ハコスコ社、EC向けのメタバース「メタストア」βプログラムの受付を開始

株式会社ハコスコは、2022年6月1日より提供予定のECメタバース「メタストア」のβプログラム参加受付を開始しました。メタストアは、専門知識不要でバーチャル空間にストアを開設することが可能なECサービスです。

場所と人に根ざしたつながり空間をメタバース上に再現

「メタストア」は、場所と人に根ざしたつながり空間をメタバース上に再現することで、オフライン空間同様の有機的なコマース体験の実現を目指しています。ハコスコによれば、ショッピングや催事販売、行政カウンター、学校など幅広い用途に活用できるとのこと。

本サービスは、月額1万円から利用可能で、テンプレートを基にバーチャル空間にストアを構築することが出来ます。ECストアを作ることのできるプラットフォームShopifyと連携、マーケットプレイス連携NFTサポート、店員アバターによる接客機能などが用意されており、既存の3DCGモデルを使えば1日でストア開設が可能とのことです。

デモサイトからコンビニのデモ、ハコスコNFTギャラリーのデモが体験可能です。

(参考)プレスリリース


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード