デイリーランキング

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

新型VRヘッドセット開発中止のAcer、「XR技術への投資は継続」

業界動向

2020/02/17 11:00

JDIが高精細VR向け液晶を量産開始、メガネ型デバイスに向け

業界動向

2020/02/17 19:34

2020年、XR産業の展望は? プレイヤー14社が語る

業界動向

2020/02/17 12:00

VRで遠隔リハビリ治療 “バーチャルクリニック”全米各地で展開へ

活用事例

2020/02/17 11:45

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

図面を現実に重ねてチェックできる「GyroEye Holo」最新版で精度向上へ

株式会社インフォマティクスは、現実空間に原寸大の図面データを表示できるアプリ「GyroEye Holo」の最新版「GyroEye 2019.2」をリリースしました。最新版では精度向上などが図られており、橋や道路、トンネル等のインフラ構造物の管理、工事中の施工や品質管理において、さらなる生産性向上と作業効率化支援を目指します。

オプションで精度や操作性が向上

「GyroEye Holo(GyroEye Viewer Holo)」は設計CAD図面や3Dモデルデータなどをデータ変換し、ホログラム映像として1分の1スケールで実空間に投影するMRデバイス「HoloLens」対応のソフトウェアです。

「GyroEye 2019.2」では、新たにトータルステーションと連携するオプション製品「GyroEye Holo TS+」とiOS機器を利用したGyroEyeビューワアプリ「GyroEye Viewer iOS」を提供します。

「GyroEye Holo TS+」は測量分野で広く使われているトプコン社製トータルステーション「LN-100」と連携し、「移動距離30メートルにおいて誤差 ±5mmの精度を安定して提供する」としています。遠隔操作でアプリ上のホログラムの大まかな位置決めをAndroid搭載機器でできる「GyroEye Controller」の配信も開始されます。

さらに「GyroEye Viewer iOS」では、iOS搭載のデバイスを「GyroEye Viewer Holo」と同様の体験を可能に。iOS 12以降を搭載したスマートフォンまたはタブレットで利用できます。

(参考)株式会社インフォマティクス プレスリリース


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

イグニス子会社がモノビット・モリカトロンHDへ出資・提携 VR共同プロジェクトで

2019/09/27 18:30 投資

VRとお酒を楽しもう! 札幌で「バーチャルカフェ」が開催

2019/09/27 18:30 イベント情報
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集