デイリーランキング

アップルがMRヘッドセットやARグラス向けと思われる特許を取得。メガネ無しでの体験を可能に?

テック

2022/01/18 18:00

AmazeVR、約17億円を調達。春にはVRコンサートを開催予定

投資

2022/01/18 11:32

「セカンドライフ」のLinden Labに創設者が復帰、メタバース分野での成長狙う

業界動向

2022/01/18 19:45

「docomo Open House’22」でみた6G時代の「テレイグジステンス」と「メタバース」

業界動向

2022/01/18 19:00

XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」、1月19日にオンライン開催

セミナー

2022/01/13 17:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

子供向けVRゲームが日本・中国300店舗に展開 グリーら開発

グリー株式会社と株式会社イオンファンタジーは、アミューズメント施設専用の子ども向けVRゲーム3機種と子ども向け単眼ヘッドマウントディスプレイ「VRメット」を開発したことを発表しました。2018年に日本と中国のファミリー向けアミューズメント施設「モーリーファンタジー」300店舗(日本200店舗、中国100店舗)にて展開される予定です。

両社は「子どもも遊べて笑顔になれるVR」をテーマに「未来をあそぼ。ファンタジープロジェクト」を立ち上げ、世界中の子どもたちが楽しめる先進的なゲームを世界へと発信してていくとのことです。

今回開発されたVRメットは、複眼ヘッドマウントディスプレイの没入感はそのままに、ミラーを利用した機構でモニターと目の距離を確保し、従来の単眼ヘッドマウントディスプレイよりも目が疲れにくい構造となっているとのことです。

またVRデバイスやモニター、体感型の椅子が一体となった筐体を開発することで、デバイスの装着や体験者の動きを誘導するオペレーターが不要となります。筐体に直接コインを投入する形式にすることで、人件費のコストを削減して1プレイ数百円での利用を目指しており、より手軽なVR体験の機会を提供していくとのこと。

『VRぶっとび!バズーカ』

今回開発されたVRゲームは、2018年春登場予定の『VRぶっとび!バズーカ』、『VRどっかん!ブロック』、2018年夏登場予定の『VRびっくり!スライダー』となっています。なお「VRメット」は、今回開発した3機種のうち『VRびっくり!スライダー』、『VRどっかん!ブロック」の2機種に搭載しています。

(参考)
グリー株式会社 ニュースリリース
http://corp.gree.net/jp/ja/news/press/2017/1004-01.html


【注目の記事】
・XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」がオンラインで無料開催、1月19日
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

HMD不要の8KVR体験、グッドデザイン賞 NHKエンタープライズら

2017/10/04 16:43 イベント情報

呪いの人形「アナベル」ホラーVRコンテンツが新宿に

2017/10/04 16:43 イベント情報
VR/AR/MR 用語集