デイリーランキング

VR/AR対応スーツ型デバイスが国内展開、Valveが無線VRヘッドセット開発中か ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/08/11 08:00

自宅から150年の歴史を見る。KDDIが「バーチャルミュージアム」公開

活用事例

2020/08/11 11:30

VR/AR対応 全身体感のスーツ型デバイス「TESLASUIT」国内取り扱い開始

テック

2020/08/04 18:30

WebからVR/ARをビジュアルプログラミング。国産の教育向けソフト「BLOCKVROCK」

テック

2020/08/11 19:30

「フォートナイト」のエピックゲームズ、約1,800億円を調達。一部はソニー出資

投資

2020/08/12 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

GoProの360度アクションカメラ「Fusion」国内予約開始

GoProは米国時間1月9日、日本でオンライン予約注文を開始することを発表しました。同社ウェブサイトより、注文が可能になっています。GoPro Fusionは、5.2K(5228×2624)30fpsの高解像度で録画可能なカメラ。スタビライズ機能やハウジングなしで水深5mまでの防水など、あらゆる環境での撮影に期待できます。優れた性能で、CES 2018 Innovation Awardを受賞しました。

価格は88,000円、日本では2月上旬に出荷予定です。アプリと組み合わせることで、録画から編集、SNS共有までできる一貫したソリューションになります。特に、5.2Kの高解像度で撮影可能なため360度動画撮影後に好きな部分を自分でキャプチャできるオーバーキャプチャ機能が強み。現在iOS対応ですが、Androidサポートを来月発表する予定です。

https://www.youtube.com/watch?v=NcNl237RKnQ

こちらの動画でも、オーバーキャプチャ機能が使われています。

https://www.youtube.com/watch?v=9G-5KtDmiEM

GoProはまた、通常のアクションカムHEROシリーズの2018年の新価格体系を発表し、より手に入りやすくなりました。HERO6 Blackの新価格は52,000円(税込)、HERO5 Blackは37,000円(税込)、HERO5 Sessionは26,000円(税込)です。

GoPro Fusionについて詳しく知りたい方は、取り扱い説明書も公開されているため、目を通してみては如何でしょうか。

Mogura VRでは、CES2018でのGoPro Fusionを使った撮影体験をレポートでお伝えする予定です。

(参考)
GoPro公式
https://jp.gopro.com/news/gopro-unlocks-mobile-overcapture-experience-for-fusion-camera


【Mogura主催のイベント】
・これでわかる! 産業向けXR導入事例セミナー(8/25)

【注目の記事】
・巨大データに向き合うVR/AR制作、それを支える強い味方とは?

【Mogura主催のイベント】
・これでわかる! 産業向けXR導入事例セミナー(8/25)

【注目の記事】
・巨大データに向き合うVR/AR制作、それを支える強い味方とは?

VR海中アドベンチャー『Operation Apex』を通して見る“海とエコシステム”

2018/01/11 18:30 HTC VIVE シリーズ 最新情報

紙を丸めてライトセーバーが!?ARアプリ『InstaSaber』

2018/01/11 18:30 AR/MR