デイリーランキング

世界最大の32インチ3D裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass 8K」発表、DCEXPOで初公開

業界動向

2019/11/13 01:00

OculusのCTO、VRの現状には「満足していない」

業界動向

2019/11/13 19:00

VR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi 2019」セッション内容紹介【第一回:AR/MR編】

業界動向

2019/11/14 12:30

グリー、VTuber技術を対象に学生コンテスト開催

業界動向

2019/11/14 18:30

続々登場「AR/MRグラス・スマートグラス」まとめ(2019年10月版)

AR/MR

2019/10/27 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

触覚デバイス開発の米企業、約1億円の資金調達

物の触覚を再現する触覚デバイスは世界中で開発が進められています。

触覚デバイスの開発を行っているベンチャー企業Go Touch VRはベンチャーキャピタルから100万ドル(約1億円)の資金調達を行いました。また、開発者向けキットであるDK1の最新バージョンで採用されているデザインを公開しました。

指に装着する触覚デバイス

VRなどの体験において触覚があることで体験はよりリッチなものとなります。Go Touch VRが開発している触覚デバイスは指の先端に取り付ける小さなモジュールで、バーチャルなオブジェクトに接触した際にその感触が体感できるものになっています。

今回は開発者向けキットのDK1のデザインが公開されており、2017年3月に公開された3Dプリンターの出力によるプロトタイプと異なる材質であることが見て取れます。

現在、Go Touch VRは触覚のみに特化しており、指の動きはハンドトラッキングデバイスであるLeap Motionと組み合わせて利用可能です。同社は、現在のバージョンは、各指先に1.5ニュートンの力を与えることができると述べています。

開発者向けキットは現在公式サイトで確認することができるようになっており、また申し込みも可能となっています。

(参考)
Go Touch VR Raises $1 Million for Haptic VR Tech, Shows off DK1 Design/ROADTOVR(英語)
https://www.roadtovr.com/go-touch-vr-raises-1-million-for-haptic-vr-tech-shows-off-dk1-design/



【Sponsored Post】
・ストリートとテクノロジーが出会うとき、何が起こるのか? 表現の最前線を行く「JIKKEN」を見よ
・藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト
・目の前に広がる「ポケモンGO」や「Ingress」の世界 話題を集めた体験の舞台裏

カタログから家具を選んでVRでインテリア配置 米家具最大手が協力

2017/12/25 11:00 活用事例

デンソー、VRと電気自動車を組み合わせた『VR-CAR』を展示

2017/12/25 11:00 イベント情報

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集