デイリーランキング

HPの新型MRヘッドセット「Reverb G2」発表、600ドルで2020年秋発売

業界動向

2020/05/29 11:30

ナイアンティックは、ついに「ポケモンGO」にARマップを導入。“惑星規模のAR”に一歩

業界動向

2020/05/27 17:33

“人の眼レベルのVR”のVarjoがリモートワーク支援へ。VRコラボツール企業と提携

業界動向

2020/05/29 12:00

“中国のNetflix”が一体型VRヘッドセットを発売。4K対応で約6万円

業界動向

2020/05/28 11:30

「アフターコロナ」を見据えるVR企業が集結。日本HPがオンラインイベント開催

セミナー・カンファ

2020/05/29 19:00 Sponsored

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

技適の特例を含む法案が成立、制度設計と施行は2020年春に

令和元年5月10日、第198回国会(常会)にて「電波法の一部を改正する法律案」(電波法改正案)が参議院本会議で可決し、成立しました。同法案には技術基準適合証明等(技適)を未取得の機器でも、一定の条件下で届出を行えば国内での試験利用が可能になる特例制度が含まれています。

(技適マーク)

技適の特例制度に関しては、予定通り、省令・告示の整備等を行い、改正法公布後1年以内の政令で定める日(2020年春頃予定)に施行される予定です。

電波環境保護のための技適

技適は、日本国内の電波環境を守るために電波法で設けられている制度です。日本国内で無線機能を搭載した機器を使用する際は、原則として電波法に基づいたに申請を行い、この技適を取得する必要があります。例として、Wi-FiやBluetooth、LTEなどの様々な「無線を使用する」機器には技適を取得したことを示す技適マークが表示されています。

Wi-FiやBluetooth、LTEなどの場合はメーカーなどが「事前に検査を受けており、技術基準に適合している」ことを示す「技適マーク」を表示しています。検査には専門の知識が必要ですが、デバイス等を使う人はそうした知識を持たずともマークを確認するだけでOK、という仕組みです。

Mogura VR Newsでは、この特例制度について、法改正を担当している総務省総合通信基盤局 電波部 電波政策課 課長補佐の山内匠氏に話をうかがい、下記の特集記事を掲載しています。

【詳説】技適の特例制度導入、その狙いを総務省に聞く | Mogura VR

【詳説】技適の特例制度導入、その狙いを総務省に聞く | Mogura VR

MoguraVR

VR/AR/MRの研究開発にも朗報

技適に関しては、VR/AR/MRの分野においても「デバイスが海外製であるがゆえに技適が未取得であり、開発へ使用することができない」という大きな壁が存在していました。


(MRデバイス「Magic Leap One」。2019年5月時点では技適未取得のため、基本的には日本国内で使用できなかった)

これまでに発売・発表された多くのVRやARに関する機器が無線機能を有していることからも、この特例制度が可決されたことは、開発者にとって朗報と言えるでしょう。

(参考)参議院 議案情報



【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


VTuber専用配信サービス「Colon:」、個人勢VTuberの配信も可能に

2019/05/13 12:45 VTuber 最新ニュース一覧

にじさんじ、キャラ先行公開方式のバーチャルライバーオーディションを半年ぶりに開催

2019/05/13 12:45 VTuberオーディション