デイリーランキング

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」

業界動向

2020/02/10 12:00 Sponsored

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Boseの“聴くARグラス”が国内発売、税込27,500円

音響機器メーカーBoseは、音のARを実現するサングラス型デバイス「frames」の国内販売を開始しました。音楽再生や通話、GPSやモーションセンサーを利用した音声ナビなどが利用できます。価格は27,500円(税込)、オプションとして交換レンズ(偏光レンズが3,850円、非偏光レンズが2,750円)が選択・購入できます。

「frames」は、耳から入ってくる情報や経験を拡張することを主な目的とした、サングラス型のARグラスです。小型スピーカーを左右のつるに搭載しており、デバイスからの音を聴きながら周囲の音も把握することができます。重さは約45gと計量、バッテリー持続時間は最大3.5時間です。

本デバイスにはカメラは内蔵されていませんが、GPSを活用した位置情報機能とモーションセンサーによりユーザーの進行方向を検知、音でさまざまな情報を提供します。たとえば、「frames」を着用したユーザーがレストランを視界に入れると、レストランの情報を音声で聞く、といったことが可能です。

この「frames」は全国にあるBOSEのストアで体験が可能となっています。ストア一覧ページはこちら

(参考)Bose プレスリリース


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

VRライブ配信サービス「SHOWSTAGE」β版に有料配信機能が追加

2019/10/03 19:00 ゲーム・アプリ

まるで人工皮膚のよう。VRでよりリアルな触覚を生み出す研究が進行中

2019/10/03 19:00 テック
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集