デイリーランキング

世界最大の32インチ3D裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass 8K」発表、DCEXPOで初公開

業界動向

2019/11/13 01:00

Oculus CTOカーマック氏、同社の顧問職へ。一線退くことを明言

業界動向

2019/11/15 12:00

建物内ナビや設備制御に対応、不動産向け多機能ARツール「Vera」

業界動向

2019/11/14 19:30

グリー、VTuber技術を対象に学生コンテスト開催

業界動向

2019/11/14 18:30

Google検索アプリに“ARで動物を表示する機能”が追加、将来的には商品のAR表示なども予定?

業界動向

2019/06/05 12:10

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Boseの“聴くARグラス”が国内発売、税込27,500円

音響機器メーカーBoseは、音のARを実現するサングラス型デバイス「frames」の国内販売を開始しました。音楽再生や通話、GPSやモーションセンサーを利用した音声ナビなどが利用できます。価格は27,500円(税込)、オプションとして交換レンズ(偏光レンズが3,850円、非偏光レンズが2,750円)が選択・購入できます。

「frames」は、耳から入ってくる情報や経験を拡張することを主な目的とした、サングラス型のARグラスです。小型スピーカーを左右のつるに搭載しており、デバイスからの音を聴きながら周囲の音も把握することができます。重さは約45gと計量、バッテリー持続時間は最大3.5時間です。

本デバイスにはカメラは内蔵されていませんが、GPSを活用した位置情報機能とモーションセンサーによりユーザーの進行方向を検知、音でさまざまな情報を提供します。たとえば、「frames」を着用したユーザーがレストランを視界に入れると、レストランの情報を音声で聞く、といったことが可能です。

この「frames」は全国にあるBOSEのストアで体験が可能となっています。ストア一覧ページはこちら

(参考)Bose プレスリリース



【Sponsored Post】
・ストリートとテクノロジーが出会うとき、何が起こるのか? 表現の最前線を行く「JIKKEN」を見よ
・藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト
・目の前に広がる「ポケモンGO」や「Ingress」の世界 話題を集めた体験の舞台裏

VRライブ配信サービス「SHOWSTAGE」β版に有料配信機能が追加

2019/10/03 19:00 ゲーム・アプリ

まるで人工皮膚のよう。VRでよりリアルな触覚を生み出す研究が進行中

2019/10/03 19:00 テック

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集