デイリーランキング

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

ソニーとOculus、GDCへの出展をとりやめ コロナウイルスへの懸念で

セミナー・カンファ

2020/02/21 08:39

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

Magic Leap社が東京勤務の求人を募集中 国内オフィス開設か

業界動向

2020/02/20 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

写真1枚からわずか20秒、3Dアバター制作企業が490万ドル調達

ポルトガルのスタートアップDidimoは、ベンチャーキャピタル等から490万ドル(約5.3億円)超の資金調達を行いました。「1枚の写真から、本人そっくりな3Dアバターを作製する」プラットフォームの開発を進めます。

1枚の写真から3Dアバター生成

Didimoが手掛けるのは、高画質な人間のデジタルモデル作製技術です。1枚の写真から、極めて本人に近い3D画像を作製できると謳っています。同社によれば、人物の写真をスマートフォンでアップロードまたはスキャンするだけで、あらゆる角度からアニメーションで確認できる3Dキャラクターに変換可能です。その所要時間はわずか20秒。同社はこのデジタルモデルを、社名と同じ”Didimo(ギリシャ語で「双子」の意味)”と呼んでいます。

同社は2016年にポルトガルで創業し、2019年12月現在22名が所属しています。これまで製品のパイロットプログラムでは、ソニー、Amazon等と協業してきました。

今回の資金調達により、シードラウンドでの累計調達額は800万ドル(約8.7億円)超に上ります。資金の用途について、Didimoは「製品開発の技術チームを増員し、新たな戦略的パートナーを通じて(サービスの)商用化と拡大を継続する」としています。

デジタルと現実世界の壁を取り除く

CEOのVeronica Orvalho氏は、インターネットの発達でコミュニケーションの機会が増えたものの、その繋がりは人間らしさを欠くことも多いと指摘します。そして「当社のミッションは、Didimoのプラットフォームで物理的な世界とデジタル世界の壁を取り除くことです。人々が、この溝を乗り越えることを手助けします。我々はすべての人に、自分が一番よく知っている、つまり自分自身のイメージを元にした技術を使ってもらいたいと考えています」と声明で述べました。

本人にそっくりなアバター、デジタルヒューマン技術については、下記の記事でも紹介しています。

人の表情をほぼ再現 フェイスブックがVR用の新アバター技術をお披露目 | Mogura VR

人の表情をほぼ再現 フェイスブックがVR用の新アバター技術をお披露目 | Mogura VR

MoguraVR

TEDの講演で"アバター"が同時登壇 デジタルヒューマンの最前線を語る | Mogura VR

TEDの講演で"アバター"が同時登壇 デジタルヒューマンの最前線を語る | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

「VR ZONE」がマカオにオープン! 日本の人気アクティビティを導入

2019/12/19 11:30 VR体験施設

富士葵がスマホゲーム「アッシュアームズ」主題歌を担当 ショートMV公開

2019/12/19 11:30 VTuber 最新ニュース一覧
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集