デイリーランキング

ファーウェイ、6DoF対応の新型VRグラスを発表。発売は2021年予定

業界動向

2020/10/21 19:30

清水建設、VRをインターンシップに導入 参加者の9割が高評価

活用事例

2020/10/20 18:00

超広視野角VRのPimaxが2,000万ドル調達、顧客サポートやロジスティクス改善へ

投資

2020/10/20 12:57

HTCの“正体不明”ヘッドセットが確認される。VIVE Focusの新バージョンか

業界動向

2020/10/22 12:00 New

JDIら、高精細VRデバイスとエアロバイクを組み合わせサイクリング

業界動向

2020/10/21 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

DBJキャピタル、米VRファンドに出資 VR/AR分野への投資狙う

日本政策投資銀行の100%子会社DBJキャピタル株式会社が、アメリカでVR/AR分野を専門とするVC「The Venture Reality Fund(VRファンド)」に出資を行ったことが明らかになりました。DBJキャピタルは今後、VR/AR分野への投資、事業支援を進めていく狙いです。

VR/AR分野で積極的な投資を続けるVRファンド

VRファンドは、アメリカ・シリコンバレーを拠点に世界中のVR/ARスタートアップへの投資を行っているVR/AR専門ファンドです。日本からはgumiの代表取締役社長、國光宏尚氏がゼネラル・パートナーとして参加しているほか、2017年6月には、ヤフー・ジャパンが業務提携を行っています。VRファンドは、全世界のVR、AR業界の業界図を定期的に公開するなど、VR/AR業界のエコシステム構築に積極的に取り組んでいます。


2017年3月に公開されたVR業界図

VRファンドの投資先としては、すでにグーグルが買収を行ったVRゲームスタジオOwlchemy Labsや日本のInstaVR、VR内でクラブイベントを開くためのTheWaveVRなど公表されているだけでも16社にのぼります。

VR/AR分野への投資と事業支援に期待

DBJキャピタルは、政府系金融機関である日本政策投資銀行の100%子会社のベンチャー・キャピタルです。通信、医療、フィンテックなど様々な分野のスタートアップへ投資を行っています。

DBJキャピタルからVRファンドへの投資はすでに完了しており、DBJキャピタルはVRファンドが持つVR/ARセクターに関する深い識見を活用することで、VR/ARスタートアップ企業への投資および事業支援の高度化を図ります。今後の展開に期待したいところです。

なお、日本においてVR分野に積極的な投資を行っている専門ファンドには、全世界へのVR分野への投資を展開するコロプラのコロプラVRファンドや北米でのVR/ARへの投資を展開するグリーのグリーVRファンド、国内のスタートアップへのシード・インキュベーションを展開するgumi参加のTokyo VR Startupsなどがあります。

2017年8月31日16:45 DBJキャピタルの説明に関する記述に修正を行いました。


Magic Leap、眼鏡型VRデバイスの意匠を公開 申請も古く製品の情報は謎のまま

2017/08/31 14:42 Magic Leap

バンナムのVR体験施設『VR ZONE』9月に神戸に開設

2017/08/31 14:42 イベント情報
VR/AR/MR 用語集