デイリーランキング

Unityはメタバースにどう関わるのか?大型買収の背景をインタビュー

業界動向

2022/01/28 11:45

メタバース構築目指せ HIKKY、65億円調達の舞台裏

業界動向

2022/01/26 11:30

「HoloLens」開発チームの光学アーキテクトが退社、新たに「Google Labs」に参加か

業界動向

2022/01/27 11:30

ラルフローレンCEO「メタバースは若い世代の顧客獲得につながる」

業界動向

2022/01/25 15:37

KDDIとPsychic VR Lab、都市にバーチャル広告やコンテンツを配信する「XRscape」を提供開始

業界動向

2022/01/27 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

中国arparaがVRヘッドセットとメタバース構想を発表、2021年8月より展開へ

2021年5月31日、中国のarparaはVRヘッドセット「arpara VR headset」、一体型の「arpara all-in-one VR headset」を発表しました。マイクロOLEDディスプレイを搭載し、それぞれ5K解像度と軽量化を実現。併せて同社はソーシャルVRプラットフォーム「arparaland」を発表するなど、デバイスだけでなく広くVR関連に切り込む姿勢を見せています。

arparaはVRヘッドセット、およびVR向けソフトウェアを開発する中国のスタートアップです。名前は英語の「パラレル/parallel」に由来しており、メタバースの実現を最終目標に掲げています。arparaは今回の発表に際し、「すべての人々が真の自己を見つけ、arparalandと名付けられたパラレルワールドで本当の自分になることを目指しています」「この次世代VRヘッドセットは、私たちを約束の地に一歩近づけてくれるでしょう」とコメントしました。

PC接続型と一体型を同時発表

arparaが発表した「arpara VR headset」ならびに「arpara all-in-one VR headset」は、いずれも1.03インチのマイクロOLEDディスプレイを2つ搭載(解像度2560×2560)。合計で横5K、縦2.5Kの解像度を実現。PPI(pixel per inch)は3514PPIに達します。IPD(瞳孔間距離)の調節にも対応しており、56mmから72mmの間で調整できます。

「arpara VR headset」はスマートフォン、PC等と接続して使用できます。重量は約200gと非常に軽量、視野角は95度、リフレッシュレートは120Hzです。そのままではトラッキング機能は搭載されておらず、映像視聴等に特化したデバイスですが、NOLOの「6DoFポジショントラッキングキット」を使うことでVRゲームにも対応します。価格は599ドル(約65,000円)となっており、公式Webサイトから予約受付中。2021年8月出荷予定です。

一体型のVRヘッドセット「arpara all-in-one VR headset」は、インサイドアウト形式の6DoFトラッキングを搭載。リフレッシュレートは90Hzです。クアルコムの「XR2」チップセットを採用しており、Steam VRを通してVRゲームをプレイするための有線、または無線ストリーミングに対応しています。容量は128GBと256GBの二種類、2021年8月以降に発売予定です。

ソーシャルVRサービス「arparaland」の展開も

同時にarparaはソーシャルVRプラットフォーム「arparaland」を発表。アバターカスタマイズ機能や空間デザインツール、ソーシャル機能、VR会議機能などを備えており、NFT(非代替性トークン)を活用したデジタル資産構想も盛り込まれています。「arparaland」は2021年8月にオープン予定です。

【Sponsored】arpara


【注目の記事】
・学びの場をゼロから考え直す。デジタルハリウッド大学が挑む「バーチャルキャンパス」を追え!【第2回: 空間/建築編】

【ポケモンGO】GOバトルリーグのシーズン8開幕 SLリミックス復活!

2021/06/01 19:12 ポケモンGO

「NHK技研公開2021」開催 丸められる有機ディスプレイなどの技術が公開

2021/06/01 19:12 イベント情報