デイリーランキング

Oculus Questの対抗馬なるか 一体型VRヘッドセット「Pico Neo 2」体験レポ

業界動向

2020/01/23 12:00

国内のARトレンド最前線 Docomo Open Houseが一大展示会となっていた

業界動向

2020/01/23 15:00

AntiLatencyのトラッキングシステムがアップデート、Oculus Questへ対応

テック

2020/01/22 18:30

ドコモが6Gに関するホワイトペーパーを公開。2030年頃に提供開始目指す

業界動向

2020/01/22 15:49

2019年のVRヘッドセット出荷、約半数は一体型に。Oculus Questの影響大か

統計・データ

2020/01/22 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

買う前にARで確認、返品リスクを軽減 Eコマース向けARサービス

ソフトウェアやアプリ開発などを行うESSA株式会社は、Eコマース向けARサービス「ARESSA」の提供を開始しました。商品の3Dモデルを現実に重ねて配置することで、より具体的に購入後のイメージができるようになり、「思っていたものと違った」「実際に置こうとしたらサイズの都合で置けない」等を防ぐことに繋がります。

「ARESSA」では、商品の3Dモデルをアップロードすることで専用のQRコードが発行されます。発行されたQRコードはネットショップやブログ、商品カタログに貼り付けることで、購入検討者が商品を3Dモデルで確認できるようになります。新たに別サービスに登録する必要がないため、現在ユーザーが使用しているサイトやSNSでそのまま利用できることもメリットです。

https://www.youtube.com/watch?v=2_N2cJdGQV4

料金プランは、3Dデータの投稿(5MBまで)やQRコードの発行ができる「フリープラン」から、50MBまでの3Dデータの投稿やショップ連携ができる「PROプラン」。また、商品の3Dモデルを持っていない場合は、商品の写真などから「ARESSA」が3Dモデルの作成サポートを行う「エンタープライズプラン」もあります(こちらは価格要相談)。


(ARで配置した様子。アプリにはARKitが使われているようだ)

ARESSAを利用している株式会社文化社は、Webで販売している看板などをAR表示することで事前にシミュレーション、これにより購入を後押しし、返品のリスクも低下させているとのこと。

料金プランは以下の通り。問い合わせはこちらのページ下部から。

料金プラン

月額

内容

フリープラン

0円

・3Dデータの投稿(5MBまで)
・QRコード発行

PROプラン

30,000円

・3Dデータの投稿(50MBまで)
・QRコード発行
・ショップ連携
・プライベートモード

エンタープライズプラン

要相談

・3Dデータの投稿(50MBまで)
・QRコード発行
・ショップ連携
・プライベートモード
・3Dデータの作成サポート

(参考)ESSA株式会社 プレスリリース


「VR/AR/MR ビジネスEXPO TOKYO」出展社紹介:第5回~StarVR、アルファコード、eje、テレビ朝日メディアプレックス~

2018/09/25 12:00 活用事例

一体型VRデバイスMirage Solo、シースルーモード追加へ 開発者向けにモーションコントローラーも

2018/09/25 12:00 Mirage Solo
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集