デイリーランキング

AR/VR・メタバース分野に日本企業が存在感を発揮するには?政投銀がレポートを公開

業界動向

2021/12/02 12:30

新しい技術であることを言い訳にしない――集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

開発

2021/11/24 19:00 Sponsored

屋内ARナビゲーションのDent Reality、約3.8億円の資金調達

投資

2021/12/03 12:00

HoloLens 2を活用した印刷機をリモートで保守 日本HPがサービス開始

活用事例

2021/12/03 11:30

遊園地のバンパーカー×VRアトラクション、好調でグローバル展開

業界動向

2021/12/02 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Matterportの3Dスキャンデータに家具を配置できるサービス、ArchiTwinから

3Dスキャンサービス「Matterport」で生成した空間に、家具などのオブジェクトを配置できるサービス「ArchiTwinBasic」がリリースされました。建築現場やバーチャル展示会の設営管理、不動産業者のオンライン内見などでの活用が期待されています。

「ArchiTwinBasic」を開発するのは、デジタルツイン技術を活用した遠隔管理ソリューションを建築業界向けに提供するArchiTwin株式会社です。

「ArchiTwinBasic」はMatterportの空間に3Dモデル(obj、fbx、gib形式)を配置し、ユーザーに公開できるサービス。ユーザーが空間のどこの位置にいてどの方向を向いているかを視覚化するミニマップ機能や、タグを設定して画像や動画に紐付けられる機能が備わっています。

「ArchiTwinBasic」の価格は以下の通りです。

スペース数

価格(税別)

1スペースのみ

無料(30日間)

5スペースまで

月額980円、または年額10,000円

25スペースまで

月額2,500円、または年額27,000円

50スペースまで

月額4,500円、または年額49,000円

100スペースまで

月額8,000円、または年額85,000円

ArchiTwin社では「ArchiTwinBasic」のサービスに加えて、複数空間を管理できる「ArchiTwinPro(β坂)」の開発も進めています。空間にBIMデータを重ねて表示することや、文書管理クラウド「BOX」と連動も可能とのことです。

Matterportの展開が進む

Matterportは被写体を2次元画像ではなく、立体的(3D)データとして取得する3Dスキャンソリューションです。取り込んだデータを、縦・横・高さの座標軸を持つ仮想空間の中に配置し、WebブラウザやVRヘッドセットで体験できる3D空間を再現します。

Matterport社の発表によれば、これまでに「世界で十万単位の顧客が、500万もの建物や空間を3Dスキャンでオンライン上に再現している」とのこと。Matterportの3Dスキャン数は急増しており、2020年5月から1年間で2倍以上になっています。

勢い止まらぬ「デジタルツイン」、Matterportの3Dスキャン数は1年間で2倍に | Mogura VR

勢い止まらぬ「デジタルツイン」、Matterportの3Dスキャン数は1年間で2倍に | Mogura VR

MoguraVR

3DスキャンのMatterportがNASDAQ上場、利用者急増中 | Mogura VR

3DスキャンのMatterportがNASDAQ上場、利用者急増中 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)ArchiTwin株式会社 プレスリリース


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

ファミマが遠隔操作ロボットを実店舗導入、オペレーション自動化ねらう

2021/06/08 12:00 活用事例

スマホで目の前に熊本城をドーン! 修復後の天守閣が3Dで登場

2021/06/08 12:00 AR/MR