デイリーランキング

進化が止まらない超高解像度ヘッドセット「XR-3」を体験 VRとAR両対応、人の目レベルの見え方

テック

2021/04/09 12:00

Quest 2対抗の一体型VRヘッドセット「Pico Neo 3」発表 日本では今夏発売予定

業界動向

2021/04/08 17:30

センサーてんこ盛りの新型VRデバイス、HPから5月に発売 価格は1,249ドル

業界動向

2021/04/08 12:30

JTBらが「バーチャル日本」事業を発表、観光やショッピングを通して観光産業回復へ

活用事例

2021/04/08 11:00

グーグルが3Dオーディオ企業を買収、VR向け音響開発の実績も

投資

2021/04/09 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRで痛みや不安緩和、米企業が2,900万ドル調達

医療向けVRを手掛ける米国のスタートアップAppliedVRは、シリーズAラウンドで2,900万ドル(約31億円)を調達しました。認知行動療法に基づく痛みのコントロール技術で、FDA認証(米国市場で医療機器を販売する際の認証)取得を目指します。

慢性疼痛の治療でFDAより指定

AppliedVRは2015年設立。患者の痛みや不安を低減するためのVRコンテンツを開発しています。同社のソリューションの1つEaseVRxは、FDA(米国食品医薬品局)より画期的医療機器/デバイス指定(Breakthrough Device Designation)を受けました。用途は治療抵抗性線維筋痛及び腰の慢性難治疼痛の緩和で、従来は鎮痛薬のオピオイドを用いて対処されてきたものです。これを、VR体験を通じた痛みの緩和で代替するのがEaseVRxです。

https://www.youtube.com/watch?v=yxXR1poRHFs

2021年3月現在、AppliedVRは世界10か国、200以上の医療機関と連携しています。同社の創設者でCEOのMatthew Stoudt氏は、「慢性疼痛は最も一般的な症状の1つでありながら、いまだ患者を著しく衰弱させるものです」と指摘。治療法の必要性を訴えました。
同氏によると、新型コロナウィルスの流行を受け、自宅で安全に治療を受けられるVR医療などへのニーズが、急速に高まっているということです。

マーケティング面の増強も

今回の資金調達には複数のベンチャーキャピタルが参加し、AppliedVRの累計調達額は3,500万ドル(約38億円)に達します。同社はFDA認証取得に加え、調達した資金を通じてトライアル数の増加や、マーケティングやセールス部隊の拡充も行います。

VRで痛みを緩和、順天堂大学とパルスらが医療用VRシステムを提供開始 | Mogura VR

VRで痛みを緩和、順天堂大学とパルスらが医療用VRシステムを提供開始 | Mogura VR

MoguraVR

VRによる疼痛軽減やがん研究、ARで大麻の医学的な情報提供 – 起業家医師から見た医療×VRのいま | Mogura VR

VRによる疼痛軽減やがん研究、ARで大麻の医学的な情報提供 – 起業家医師から見た医療×VRのいま | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


【Mogura主催のイベント】
・実際に開催してわかったオンライン・バーチャルイベントの運営ノウハウ・動向を語る! オンラインセミナー開催(4/21)  

【ポケモンGO】イベント「ウェザーウィーク」開催中!!

2021/03/24 18:44 ポケモンGO

2018年倒産のARスタートアップが復活、500万ドル調達しBtoBに転換

2021/03/24 18:44 投資