デイリーランキング

米陸軍の最大2兆円規模「HoloLens 2」導入が延期、2022年9月予定へ

業界動向

2021/10/21 19:30

フェイスブックが社名変更か SNSからメタバース企業へ

業界動向

2021/10/20 15:33

新たなVRヘッドセット「Varjo Aero」登場 5.8Kで視線追跡つき、価格は約22万円で一般販売も

業界動向

2021/10/21 22:23

アクセンチュアが6万台のVRヘッドセットを導入 新入社員のトレーニングに

業界動向

2021/10/19 20:05

超高解像度VRヘッドセットのVarjoから「隠しメッセージ」。新製品関連か

業界動向

2021/10/21 18:30

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

アップルの新たなVR関連特許が確認される。複数カメラによるボディトラッキングや通信量削減が目的か

アップルが米国特許商標庁(USPTO)に出願していた、VR関連と思われる新たな特許が複数確認されました。複数のカメラを用いて身体の動きをトラッキングするほか、PCとヘッドセット間の通信を円滑に行うための技術等が記載されています。

各部の動きデータ収集

1つ目の特許の名称は「ボディーポーズ情報の生成(Generating body pose information)」。2019年に出願されており、ユーザーの身体の動きをトラッキングし、関連する動作に活用するというための技術です。特許によれば、トラッキングには複数のカメラとニューラルネットワークを使用するとのこと。複数のニューラルネットワークが身体の各関節をモデル化し、全身のモデルを構成します。

トラッキングが行われる部位は肩関節、膝関節、足関節、拳などが例示されています。海外メディアAppleInsiderは、「拳に関してはハンドジェスチャーなどをトラッキングする一方、脚の動きの収集については別の情報を集めるためではないか」と推測しています。

通信をより円滑に、フォービエイテッド・レンダリングも想定?

2つ目の特許の名称は「アダプティブ・ワイヤレス・トランスミッション・スキーム(Adaptive wireless transmission schemes)」。2019年に出願された、ヘッドセットとPC間の通信をスムーズにするための技術です。

アップルは特許で無線通信の使用を示唆しており、この技術では送信するデータ量を削減するために、両目のディスプレイに映像の各フレームを交互に表示する「インターリーブ(interleaved)」フレーム通信を行うとのこと。

さらに本特許では、「ゲイズ・トラッキング(gaze tracking)」についても触れられています。同機能はユーザーの目線を認識し、その部分の映像の更新が優先される仕組みです。フォービエイテッド・レンダリングによる、周辺部位の更なるデータ削減も検討されているものと思われます。

アップルが複数のVR/AR関連特許を取得、光の方向認識やデータ送信関連で | Mogura VR

アップルが複数のVR/AR関連特許を取得、光の方向認識やデータ送信関連で | Mogura VR

MoguraVR

アップルが出願していた新たな特許が公開、AR/VR操作の次世代UI目指す | Mogura VR

アップルが出願していた新たな特許が公開、AR/VR操作の次世代UI目指す | Mogura VR

MoguraVR

(参考)AppleInsider


「ComicVket 2」&「MusicVket 3」同時開催決定! 一般出展受付を開始

2021/07/15 18:00 イベント情報

完全自動アバター生成システムが渋谷に設置 制作されたアバターは「バーチャル渋谷」と連携

2021/07/15 18:00 話題