ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

アカツキのファンド、AR/VR企業中心に8社へ投資実施

株式会社アカツキは、2017年10月に設立した、エンターテインメントとテクノロジー領域を主な対象としたファンド「Akatsuki Entertainment Technology Fund」(「AET Fund」)の出資先を公表しました。

投資先としてはAR/VRなどを含むエンターテインメント関連のテクノロジー企業、8社への出資を実施しています。投資先のうち、公表されている企業は6社。うちアメリカが3社、日本が2社、スイスが1社となっています。

出資企業一覧

ALE Co.,Ltd.(日本)
人工衛星を用いて「人工的な流れ星」を作る民間宇宙企業。

Fable Studio(米国)
AR/VR上において、AIのキャラクターを利用したコンテンツ開発。

Hype VR(米国)
360 degree volumetoric capture(奥行きのある360度画像の撮影、VR化)、データ圧縮の技術開発。

RosieReality Inc.(スイス)
子供向けの科学技術教育、プログラム学習用のARアプリを開発。

Super Media Future Corp.(米国)
独自のモーションキャプチャーを利用し、エフェクトを付加したAR動画を作成・SNSで共有できるアプリを開発。

TYFFON Inc.(日本)
ロケーションベースVRアトラクションの開発運営。


AET Fundは、2017年10月に設立が発表されました。エンターテインメント領域におけるVR/AR/MRを対象としており、総額は最大5,000万米ドル(約56億円)の規模予定と発表されています。

AET Fundの投資対象は、さまざまなエンターテインメント領域(ゲーム、アニメ、映像、音楽、スポーツ、e-スポーツ、ライブエンターテインメント、テーマパークなど)における、AR/VR/MRやホログラム/スマートグラスなど、エンターテインメント体験を拡張・変革させる領域を予定しています。中でもAR分野を1つの大きな投資領域と定めているとのこと。

VR/ARを対象とした国内企業の投資ファンドとしては、コロプラが総額100億円規模のVR分野特化型ファンド「Colopl VR Fund」、グリーが北米向けにVR/AR分野へ投資を行う「GREE VR FUND」、GumiがシードステージのVR/AR/MRスタートアップへのインキュベーションを行う「Tokyo XR Startups(旧名称:Tokyo VR Startups)」を運営しています。
また、日本政策投資銀行の100%子会社DBJキャピタル株式会社は、アメリカでVR/AR分野を専門とするVRファンドに出資を行っており、今後同分野への投資、事業支援を進めていくとしています。

この記事を書いた人

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース