デイリーランキング

Oculus Questの公式ストア外アプリ配信は2021年導入か、マイクロソフトがMR特化の公式カンファレンスを開催 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/11/30 08:00

【第5回】VR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi 2020」セッション内容紹介〜XR体験設計のコツ、“境界”の操作、VRはリアルかフィクションか、XRコンテンツの著作権保護〜

セミナー

2020/11/30 12:00

KDDIはMRと5G、そして“バーチャルヒューマン”で未来に取り組む

業界動向

2020/11/27 19:00 Sponsored

HoloLens 2の導入には「確かな手応え」、マイクロソフトの推進するMR活用とその戦略

業界動向

2020/11/27 18:30 Sponsored

京都発VRゲームのスタートアップが約1億円調達、開発体制を拡充

投資

2020/11/26 17:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Activ8が開発、バーチャルキャラクター配信サービス販売開始

Activ8株式会社が開発するバーチャルキャラクターの動画収録や配信が可能なサービス「V-Anim8or」の法人向け販売が開始されました。本製品は企業を対象に提供。バーチャルキャラクターを用いたプロモーションなどを行えます。価格は問い合わせになります。

「V-Anim8or」を開発したのはバーチャルタレントプロデュース事業などを行うActiv8株式会社。現在は分社化しましたが、VTuber「キズナアイ」で知られている会社でもあります。

「V-Anim8or」は人の動きをリアルタイムにバーチャルキャラクターに反映させ、動画収録や配信を行うことができます。モーションキャプチャーは、NeuronやOptitrack、Forheart、MVN、Viconといった複数のデバイスに対応しています。

本製品の使用用途としては、自社商品のプロモーションや広報活動、企業のイメージキャラクターなど企業のVTuber活用が挙げられています。製品紹介ページでは、「V-Anim8or」の概要や使用例を紹介するウェビナーが案内されています。

バーチャルキャラクターの企業向けサービスが増える

バーチャルキャラクターはエンターテインメントの分野だけでなく、企業への活用も増えつつあります。これまでにプロモーションや接客を行う業務で、生身の人間ではなく、バーチャルキャラクターを活用したサービスがリリースされています。

大日本印刷とエクシヴィ、バーチャルキャラクターが接客するサービスを開発 | Mogura VR

大日本印刷とエクシヴィ、バーチャルキャラクターが接客するサービスを開発 | Mogura VR

MoguraVR

バルス株式会社、VR機器やスーツ不要でバーチャルキャラクターになれる「どこでもVTuber」サービス開始 | Mogura VR

バルス株式会社、VR機器やスーツ不要でバーチャルキャラクターになれる「どこでもVTuber」サービス開始 | Mogura VR

MoguraVR

3Dアバターでどこからでも対応可能、遠隔接客システムが提供開始 | Mogura VR

3Dアバターでどこからでも対応可能、遠隔接客システムが提供開始 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)株式会社Too ニュースリリース


【Mogura主催のイベント】
・最前線の知見が学べる、国内最大級のVR/AR/MR関連カンファレンス「XR Kaigi」今年も開催!(12/8 -12/10)

「VRChat」が有料サービス「VRChat Plus」発表 月額約1,000円

2020/11/20 19:30 ゲーム・アプリ

【Oculus Quest/Quest 2】11月第3週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

2020/11/20 19:30 ゲーム・アプリ