デイリーランキング

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

JDIが高精細VR向け液晶を量産開始、メガネ型デバイスに向け

業界動向

2020/02/17 19:34

「Google Chrome」のAR対応が強化、API拡張へ

開発

2020/02/18 18:33

2020年、XR産業の展望は? プレイヤー14社が語る

業界動向

2020/02/17 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

マイクロソフト、PC接続するMRヘッドセットのAcer製開発者版を発表 気になる性能は?


マイクロソフトは、サンフランシスコで開催中のGDCにてPCに接続し、VR体験ができるヘッドセットの開発者版「Acer Windows Mixed Reality Development Edition」を発表しました。

マイクロソフトは、VRやARといった概念を統合する上位概念として、現実とバーチャルな世界が混在するMR(Mixed Reality)を提唱しています。このMRを実現するのがMRデバイスとなり、現実にバーチャルな情報を付与するデバイスとしてHoloLensが既に開発者・企業向けに発売されています。

今回発表されたMRヘッドセットは、Oculus RiftなどのVRヘッドマウントディスプレイと同様に現実を認識しつつバーチャルなVR体験が可能なデバイスとなります。

製造を行うのはPCメーカーのAcer社、判明している性能は以下の通りです。

解像度 片目1440×1440 ×2枚
リフレッシュレート 90Hz
オーディオ ヘッドホン内蔵、マイクは3.5mm端子で接続
ケーブル HDMI2.0、USB3.0を束ねた1本のケーブル
トラッキング インサイドアウト方式(外部カメラ不要で位置トラッキング)
設定 プラグアンドプレイが可能(Windows10 PCに端子を接続してすぐにコンテンツが体験可能)

同デバイスは2017年3月より出荷を開始します。また、HoloLensを含むマイクロソフトのMRプラットフォーム「Windows Holographic」は今後、Xboxシリーズの後継機となる開発中の次世代ゲーム機Project Scorpioにも2018年に対応予定とのこと。

MRヘッドセットの製品版は2017年後半にAcerだけでなくDELLやLenovo、HPなどからも発売される予定です。

(関連記事)


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

Oculus Riftが最大31,000円の値下げ Touchコントローラーとセットで7万円台に

2017/03/02 11:00 Oculus Rift

エピックゲームズ、注目のスタイリッシュVRアクション『Robo Recall』を無料配信開始

2017/03/02 11:00 ゲーム・アプリ
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集