デイリーランキング

VR触覚デバイスのexiiiが解散……製造業向け狙うも「牽引力足りず」

業界動向

2020/10/29 18:00

シンガポール発の新VRデバイス「DecaGear」多機能・高解像度で低価格、しかし疑問視する声も

業界動向

2020/10/27 12:01

JVCケンウッドが「現実も見れる新型HMD」を開発中、シミュレーション関連に照準

業界動向

2020/10/29 12:10

サムスンとスタンフォード大、最大10,000ppiの超高解像度有機ELディスプレイ開発

テック

2020/10/28 19:30

ガラス大手のコーニングが提携、次世代ARデバイスに向け一歩

業界動向

2020/10/28 18:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

部屋が狭くてもHTC Vive フットコントローラー「3dRudder」がルームスケールに対応

PC向けのVRデバイスとして注目を集めているHTC Vive。最大3m×4mの広い空間を歩いたり座ったり、自由に動き回れる「ルームスケール」が特徴です。しかし、日本では、そこまで広い空間を、しかも障害物ない状態で家で確保するのは至難の業です。

HTC Viveには座ったままプレイできるゲームがありますが、リリースされているゲームなどの体験の多くはルームスケールを前提としており、ある程度の広さが必要です。プレイしたいが、スペースがない…と悩む方も多いのではないでしょうか。

2月21日、​3dRudder社は、足で操作するVR対応モーションコントローラー「3dRudder」の機能に「VR解放モード」を追加し、HTC ViveのルームスケールVRに対応することを発表しました。

座りながら足で移動することが可能に「VR解放モード」

ルンバのような見た目の、VR対応フットコントローラーの「3dRudder」。

最新機能の「VR解放モード」では、HTC Viveのルームスケールに対応しています。

Arizona Sunshineのような、本来歩き回りながらワープ移動をして進んでいくゲームで座りながら、足を使って移動することが可能になります。

Arizona Sunshine

https://www.youtube.com/watch?v=af-XauVL0pM

The Lab

https://www.youtube.com/watch?v=WpoOhGQhCKQ

「VR解放モード」が追加されたことにより、本来広いスペースを確保する必要があるルームスケールVRが、座ったままで、広いスペースを必要とせずともプレイできるようになります。

「VR解放モード」は現在、スタンドアローンのオープンソース・アプリケーションとして提供されています。同ソフトウェアは、「3dRudder」の機能の一部として提供予定となっています。対応ゲームは順次増えていく予定とのことです。

ダウンロードURL(近日、日本語化予定)

https://www.3drudder.com/tuto-unleash-vr/

出展予定イベント

GDC カリフォルニア州サンフランシスコ 3月1~3日

SXSW テキサス州オースティン 3月16~18日

Laval Virtual フランス ラヴァル市 3月22~26日

「3dRudder」の詳細情報及びセットアップ方法はこちら

(関連記事)

(参考)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000021335.html#_=_


ARとVRを切り替える眼鏡型デバイス サムスンがサンプル展示

2017/02/22 11:45 テック

PSVR、イギリスで在庫復活 Amazonでは即完売

2017/02/22 11:45 PlayStation VR(PSVR)最新情報