Google、AR技術の名称を「Tango」に決定し、Lenovoから搭載スマホが500ドルで発売

Googleは同社が開発してきたAR技術の正式名称を「Tango」としました。この技術を搭載したスマートフォンはLenovoの「Phab 2 Pro」。9月に発売される予定です。

Googleが発表した動画はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=pmXVMIRwuJQ

Tangoとは

Tangoは、Googleが開発したAR(Augimented Reality、拡張現実)技術です。スマートフォンのカメラ等を通して、現実空間を画面の中に3DCGモデルとして認識します。この技術や関連デバイス、ソフトウェアを総称してProject Tangoという名称で呼ばれていました。

スマートフォンをかざすだけで現実空間を画面の中にマッピングすることができ、現実の情報を読み込みます。それだけでなく、応用すると、「VRモードで使用中に、ポジショントラッキングが可能」になるなど可能性を秘めた技術とされています。

Tangoを使ってゲームを遊ぶ様子

https://www.youtube.com/watch?v=KxTLOXzhqzA

Tangoを教育コンテンツ等に使用する様子

https://www.youtube.com/watch?v=iHN4c7FYXYs

筆者も2015年に作られた開発機でProject Tangoを試しましたが、スキャン速度の速さと違和感のないトラッキングは非常に期待のもてるものでした。

コンテンツはGoogle Play Storeから。特設ページが設置

Tangoのスマートフォンで体験できるコンテンツはGoogle Play Storeの特設ページよりダウンロードすることが可能です。既にGoogleが開発したものも含め20程度のコンテンツがリリースされています。

Phab 2 Pro
現実空間をスキャンし、3DCGとして再現する『Project Tang Constructor』。スマートフォンを動かすと瞬時に空間がスキャンされていきます。

初の搭載機種はLenovoの「Phab 2 Pro」

https://www.youtube.com/watch?v=yBzDQWyFE6o

このTangoを搭載する世界初のスマートフォンはLenovoの「Phab 2 Pro」になることが明らかになっています。発売は9月、価格は500ドルの予定です。

Phab 2 Pro

「Phab 2 Pro」は、6.4インチのパネルと4つのカメラを搭載。フロントカメラ1つに、リアカメラが3つ搭載されており、モーションのトラッキングや深度の計測を行います。

Phab 2 Pro

Phab 2 Pro

GoogleはVR分野でスマートフォン向けのCardboardそしてハイエンドなスマホVRとしてDaydreamというプラットフォームを発表しています。Daydream対応のスマートフォンは2016年秋を予定しています。

Googleは、Androidを軸にスマートフォンを使ったVR/ARを今後さらに推し進めることが予想されます。

(関連記事)
Google、高品質なスマホVRのためのプラットフォームDaydreamを発表。Android NのVRモード、VR対応スマホ、VR内ホーム画面など

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/