3Dモデル共有サービスがストア開設 VR/AR開発での活用へ

Web上で3Dモデルデータを公開・閲覧できるサービスSketchfabが、新たにモデルデータを販売できるSketchfabストアを開設しました。車や戦闘機、キャラクターにロボット、建物など様々な3Dモデルを購入し、VR/AR開発に利用することができます。

現在4,000のモデルが販売

Sketchfabは、約6年前から3DコンテンツのWeb共有サービスとして利用されてきました。VRでの閲覧にもいち早く対応し、現在サービスの会員数は130万人を超えています。

3Dモデル共有サービス『Sketchfab』VR閲覧に対応 | Mogura VR

3Dモデル共有サービス『Sketchfab』VR閲覧に対応 | Mogura VR

MoguraVR

Sketchfab Storeは、今週水曜日からベータ版として運用が開始。現在販売されているモデルは約4,000で、様々なカテゴリー・価格のモデルが公開されています。

ストアページでは、好みのカテゴリーから販売されているモデルの一覧を見ることができます。動物建物乗り物キャラクター食べ物家具武器など、それぞれ幅広いモデルが販売されています。

例えば「キャラクター&クリーチャー」のカテゴリでは、高ポリゴンのモデルで10ドル未満~400ドル程度で販売されていると分かります。対応フォーマットだけでなく、ポリゴン数やリグの有無でも検索することができます。

モデルを解剖できるビューワーも搭載

販売されている3Dモデルは、モデルインスペクター機能を用いることでテクスチャやレンダリングの詳細な内訳を見ることができます。これにより、モデルがどのように作られているか、それが自分にとって満足するものかを確かめてから購入することが可能です。

モデルインスペクターは、ビューワー右下のひし形アイコンから利用することができます。

 

    1975 Porsche 911 (930) Turbo
    by KMiklas
    on Sketchfab

さらにSketchfab Storeでは、おすすめのクリエイターの紹介も行っています。Sketchfabに投稿経験のあるユーザーであれば、数回のクリックだけで投稿したモデルをストアに公開することができます。

3Dモデルデータの共有サービスでは、昨年末にGoogleが「Poly」というサイトを開設しました。VR/AR開発で3Dモデルの需要が大幅に高まる中、こうした3Dモデラーの収益化、開発者の3Dモデルへのアクセスが行えるサービスが求められています。

https://www.youtube.com/watch?v=Ja0h_k8i_tw

(参考)
Sketchfab Launches 3D Model Store for AR & VR Content Creators / VR Scout(英語)
https://vrscout.com/news/sketchfab-3d-model-store-ar-vr-content/

Mogura VRは、VR Scoutとパートナーシップを結んでいます。


※Mogura VRでは現在「VR体験施設の利用に関するアンケート」を実施しています。数分程度の簡単なオンラインアンケートですので、ぜひご協力をよろしくお願いします。

関連するキーワード: Sketchfab

この記事を書いた人

  • 力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

    Twitter:@FoltTenor