ポケモンGOがVRに対応の可能性 ライセンスが示唆か

Business Insiderは、アメリカを始め大ヒットとなっているスマホゲーム『Pokémon Go』(ポケモンGO)がVRに対応する可能性があると報じています。

対応可能性があるのはGoogleが提供しているスマホVRデバイスCardboard。iPhoneやAndroidのスマートフォンを装着するだけで簡単にVRが楽しめるものです。

VRへの対応の可能性は、アプリの「設定」から「ライセンス」の中に示唆されているとのこと。「ライセンス」には、ゲーム中に使われているソフトウェアの一覧が掲載されています。その最上部に「Google Cardboard」の記載があります。

ポケモンGO

現実にポケモンがいるかのようなARゲーム

『ポケモンGO』にはスマートフォンのカメラをかざすと、現実世界にポケモンがいるように見えるAR(Augmented Reality)機能が搭載されており、ティザー動画なども「現実空間にポケモンがいる」イメージを強調しています。

開発元であるNiantic社のCEO、ジョン・ハンケ氏は同作品が新型Google GlassやマイクロソフトのHoloLensのようなARデバイスへの将来的な対応も示唆しているところ。Niatec社が元々はGoogleの属するアルファベット社のグループとして始まりスピンオフしたことを考えると、Googleが普及を推進するCardboardへの対応は何ら不思議ではありません。

Cardboardによる『ポケモンGO』

Google Cardboardは、段ボール製の1,000円強から購入できる非常に手軽なスマホ用VRデバイスです。数十種類のデバイスが様々なメーカーから発売されており、より頑丈なプラスチック製のものもあります。

センサーを搭載しているスマートフォンであればどのようなモデルでも体験できる点がVRデバイスの中でもハコスコと並び最も敷居が低くなっています。

最新モデルのCardboardではカメラ用の穴が空いていないものもあり、現実にポケモンがいる様子をより没入感高くVRで見ることができるようになるためには、デバイス自体の改良が必要になりそうです。

ポケモンGO

スマートフォンの画面越しにポケモンが目の前にいるのと、VRデバイスを通してポケモンが目の前にいるのとでは、その実在感が変わってきます。よりリアリティを求めたい場合にはVRのデバイスを装着しながらポケモンバトル、ということになるかもしれません。

(関連記事)
ポケモンのARゲーム『Pokémon GO』一部の国で配信開始 日本でも近々配信開始か

(参考)
There’s a big hint to the future of ‘Pokémon Go’ hidden in plain sight
http://www.businessinsider.com/pokemon-go-google-cardboard-virtual-reality-2016-7

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/